Evidence Based Medicine(*EBM)

  (*EBM)医師個人の経験や慣習、偏りがちな権威者の意見などに左右されるのではなく、
 知りうる限りの疫学的研究成果や実証的・実用的な信頼できる根拠 (evidence)に基づき、
 患者にとにとって最良の、効果的かつ質の高い治療を行う医療。EBMとは医療を円滑に行う
 ための道具であり、医師や薬剤師にとってののぞましい行動指針のことを言います。

   →→医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報(1)
 

  食べて不老長寿
  文明が発達しヒトの生活が豊かになっても、病気を予防しさらに健康になりたいという気持ち
 は変わらないものです。

 「健康こそがこれから得るかもしれないどんな富よりも大切である」と思っているひとも
 いるでしょう。
 これからの時代は、どうすれば病気にならずにすみ、老化を少しでも遅らせることが
 できるかにかかっているのです。


 何を積極的に食べれば、老化やがんを少しでも防げるか、あるいは病気にならずにすむか。
 正しい食事とはいったい何だろう。何を食べて何を食べなければいいのかなど食事に対する
 疑問は山ほどありますがそれをビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、各種ファイトケミカル
 の立場から科学的に明解に説明したものは以外に少ないものです。 
 
 これらビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、各種ファイトケミカルなどの栄養素や
 サプリメント の効用を説明する生化学や薬理学をわかりやすく解説(説明)する解説書が
 ほとんど出ていないことも原因しています。

 ひとによってはわからないままに使っている。または、使い方が分からないので躊躇して
 しまっている。
 というのが現状のようです。


 そのような方への「道しるべ」 となる解説書を提供しょう。ご要望にお応えしょうというのが
 当ブログの趣旨なのです。

 「不老長寿
それは人類の究極の願いです。「食べて不老長寿ができればそれは最高
 にすばらしいことです。

 このブロブから究極のthe elixir of life(不老長寿の宝物を探しだしてください。 

 お薦め関連サイト→ EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報 

ファン

2010年07月15日

抗酸化作用(老化の予防) を有するミネラル

1.カリウム(K)
(1) ナトリウム排泄を促進し、血圧降下作用を発揮します。
(2) 煮ると栄養素(K)が1/3失われるため、新鮮な状態で食べる方がお薦めです。

(参考)各種フルーツ(200〜500mg)にはカリウムの含量は多く含まれていますが、果糖も多く含まれるため、食べ過ぎると太る原因になります。ブドウ糖はそのままエネルギー源になりますが、果糖は肝臓でブドウ糖に転換されてエネルギーとして蓄積されることになります。また、果糖は中性脂肪の合成に使われるのでブドウ糖よりも脂肪に変わりやすいので注意が必要です。
カリウム(K)を多く含む食品
こんぶ(3200mg/100g)、わかめ(5200mg/100g)、ほうれんそう(1863mg/1束)
里芋(383mg/中1個60g)、芽キャベツ91mg(1個15g)、アボガド(630mg/半分個)
各種フルーツ(200〜500mg)

2.マグネシウム(Mg):(カルシウムとバランス)
(1)生体内300種類以上の酵素反応に関与し、糖質などの新陳代謝を調整します。
(2)慢性的不足は循環器系障害、狭心症、心筋梗塞を起こしやすくなります。
(3)抗ストレスミネラルとも呼ばれ、不足すると精神症状、神経症状があらわれることがあります。
(4)二日酔を予防または改善する作用があります。よって、酒のツマミはアーモンド、ピーナッツ、海藻類などマグネシウムの多いものをとりましょう。
マグネシウム(Mg) を多く含む食品
葉緑素(クロロフィル)、ごま、アーモンド、ピーナッツ、納豆、海藻類

3.ゲルマニウム(Ge)
(1) 抗酸化作用があります。
(2) 免疫機能の向上作用(インターフェロンの産生作用)があります。B型ウイルス肝炎の治療に使われています。
(3) がんや痴呆の予防にも効果が期待されています。
ゲルマニウム(Ge)を多く含む食品
ムツ、ニシン、干しひじき、シシャモ

4.セレン(Se)
(1)細胞膜に含まれる不飽和脂肪酸の酸化によって生じる過酸化脂質を分解するときに働く酵素の重要な成分です。細胞組織の老化を防ぐのに役立ちます。
(2)ビタミンE、ビタミンCと一緒にとると効果が上がります。
(3)サプリメントなどで1日250マイクロG以上の過剰摂取は中毒症状(吐き気、皮膚の荒れ、脱毛、貧血など)を起こすことがあると言われています。とりすぎに注意しましょう。通常の食事で過剰になることはまずありません。
セレン(Se) を多く含む食品
ねぎ、わかさぎ、ほたて

5.バナジウム(V)
(1) 脂質(中性脂肪やコレステロール)代謝を促進し低下させます。
(2) インシュリンの分泌を安定化し、血糖値を正常に保ちます。(糖尿病)
バナジウム(V)を多く含む食品
豆腐、わかめ

6.クロム(Cr)
(1) インシュリンと結びついて血糖値を下げます。糖尿病の予防に効果的です。(糖尿病)
(2)脂質(中性脂肪やコレステロール)代謝を促進しこれを低下させます。
動脈硬化や高血圧の予防に有効です。
クロム(Cr) を多く含む食品
ザーサイ、あおのり、干しひじき

7.亜鉛(Zn)
(1)生命活動に深く関わる必須ミネラル -タンパク、脂質、糖質の新陳代謝に関与します。
生命を維持するために欠かせない必須ミネラルの1つです。身体にごく微量しか含まれていない栄養素ですが、生命活動に深く関わっていることや味覚障害との関連から、注目されるようになりました。身体の中には、約数千の酵素が働いていますが、そのうち約300種類の酵素は亜鉛がなければ働くことができない。酵素は、新陳代謝を促す重要な働きをしていますが、古い細胞を壊す酵素にも新しい細胞を作る酵素にも亜鉛が含まれています。亜鉛は体内にくまなく行きわたり、さまざまな部分に作用する大切なミネラルです。 
(2)亜鉛が不足すると皮膚や骨格や味覚に異常が起こってきます。
亜鉛が不足してくると、脱毛や爪に白い斑点が出来る、傷が治りにくい、風邪をひきやすくなるなどといった症状が現れることがあります。なかでも新陳代謝が身体のどこよりも早いために最も早く症状が出やすいのが体内の中でも舌の部分です。味を感じる味覚細胞はおとろえると能力が落ちてしまい味覚異常が生じてしまいます。亜鉛不足が味覚障害の原因の1つといわれているのはこのためです。
(3)ホルモンを活性化する働きがあります。
特に性ホルモンの合成には欠かせない補酵素であり、サプリメントとして人気があります。

「食べて不老長寿−究極のthe elixir of lifeを求めて」のトップページ

<関連サイト>

→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ
→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
posted by くすりのとくさん at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ミネラル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。