Evidence Based Medicine(*EBM)

  (*EBM)医師個人の経験や慣習、偏りがちな権威者の意見などに左右されるのではなく、
 知りうる限りの疫学的研究成果や実証的・実用的な信頼できる根拠 (evidence)に基づき、
 患者にとにとって最良の、効果的かつ質の高い治療を行う医療。EBMとは医療を円滑に行う
 ための道具であり、医師や薬剤師にとってののぞましい行動指針のことを言います。

   →→医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報(1)
 

  食べて不老長寿
  文明が発達しヒトの生活が豊かになっても、病気を予防しさらに健康になりたいという気持ち
 は変わらないものです。

 「健康こそがこれから得るかもしれないどんな富よりも大切である」と思っているひとも
 いるでしょう。
 これからの時代は、どうすれば病気にならずにすみ、老化を少しでも遅らせることが
 できるかにかかっているのです。


 何を積極的に食べれば、老化やがんを少しでも防げるか、あるいは病気にならずにすむか。
 正しい食事とはいったい何だろう。何を食べて何を食べなければいいのかなど食事に対する
 疑問は山ほどありますがそれをビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、各種ファイトケミカル
 の立場から科学的に明解に説明したものは以外に少ないものです。 
 
 これらビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、各種ファイトケミカルなどの栄養素や
 サプリメント の効用を説明する生化学や薬理学をわかりやすく解説(説明)する解説書が
 ほとんど出ていないことも原因しています。

 ひとによってはわからないままに使っている。または、使い方が分からないので躊躇して
 しまっている。
 というのが現状のようです。


 そのような方への「道しるべ」 となる解説書を提供しょう。ご要望にお応えしょうというのが
 当ブログの趣旨なのです。

 「不老長寿
それは人類の究極の願いです。「食べて不老長寿ができればそれは最高
 にすばらしいことです。

 このブロブから究極のthe elixir of life(不老長寿の宝物を探しだしてください。 

 お薦め関連サイト→ EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報 

ファン

2012年12月22日

血小板凝集抑制剤を飲んでいても止血はできる。

血液が凝固するためには、血小板だけでなく血液凝固因子(フィブリノーゲン、プロトロンブンはじめその他の血液凝固因子)が大きく関与してはじめて止血します。
そのため、たとえ血小板の凝集を少々抑えても血液凝固因子が正常に働いていれば止血機構は働くものと考えられます。
血小板の凝集を抑える薬剤としてはアスピリン(バイアスピリン、バファリンA81)、クロピトグレルなどが有名です。
血液凝固因子活性を抑える薬剤としてはワーファリン、プラザキサなどがあります。

posted by くすりのとくさん at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 血栓性疾患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

手術でワーファリンを休薬するときは?

血栓症の予防でワーファリンを飲んでいる方がいらっしゃいますか?

ワーファリンを飲んでいる患者さんが抜歯をしたり内視鏡検査の時に組織の一部を生検することがありますがそのようなときには、ワーファリンを休薬すべきかどうか悩んでしまいます。
また、休薬するにはどれぐらい前から休薬すればいのか悩んでしまいます。

最近では、抜歯や眼科の小手術では圧迫止血が可能なためワーファリンを休薬せずにおこなわれることが多いようです。ワーファリンを休薬すると血栓症を起こす心配が出てきますのでできるだけ休薬せずに治療を行うということです。

一方、、ワーファリンを休薬するときは、
原疾患が低リスクのときは、すなわち「合併症のない心房細動」や「深部静脈血栓症/肺塞栓症」の場合には3〜4日前からWFを中止し、処置終了6時間後からワーファリを再開する方法をとります。

消化器内視鏡ガイドラインには「内視鏡手技の危険度に関係なく、ワーファリンを3〜4日間中止し、凝固能を測定して血液凝固能検査値(INR)がほぼ1.5以下まで低下したことを確認して内視鏡治療を行う」とありますが、休薬しないで実施している場合もあります(消化器内視鏡治療時の抗血栓療法)。
また、原疾患が高リスクの場合にはワーファリンを休薬すると同時に半減期の短いヘパリン注で凝固能を低下させておき処置の数時間前でヘパリンを中和させて手術に臨むこともあります。(要入院)
posted by くすりのとくさん at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 血栓性疾患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

カテーテル・アブレーションで心房細動から解放されるの?

発作性心房細動などの不整脈の治療には、まず最初に不整脈の治療剤が使用されますが、同時に心原性脳梗塞の予防に抗凝血薬(抗血栓症予防薬)のワーファリンが使用されます。
今ではワーファリンは心房細動の患者様にはなくてはならないものです。
しかし、相互作用が多く薬物併用や食事制限を厳しく受けるために患者様にとっては悩みの種でもあります。

心房細動に対して不整脈治療剤がどうしても無効なケースには最近国内でも普及してきたカテーテル・アブレーションを行うという選択肢があります。
心臓カテーテル手術とは異なり循環器の医師の中でも不整脈を専門とする医師が積極的に行うようになってきました。
最近ではカテーテル・アブレーション手術が国内でもかなり普及してきて不整脈関連の学会、研究会では実演を兼ねた「ライブセッション」が頻繁行われています。
もともとカテーテル・アブレーション手術はアメリカが最も盛んですが、日本でも1病院で年間400手術以上をこなす病院も増えてきました。
インターネット等で「カテーテル・アブレーション、名医、不整脈医、ランキング」などのキーワードで全国の有名な術者を見つけることができます。

カテーテル・アブレーションがうまくいけば心房細動も治る可能性があり薬物治療からも解放される可能性がありますが、すべての心房細動にこの手術が適応されるわけではないようですので専門医にご相談されることをお勧めいたします。
カテーテル・アブレーションは今後間違いなく日本でも普及していくものと思われます。
 
posted by くすりのとくさん at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 血栓性疾患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報(12)

慢性静脈不全、下肢静脈瘤
ランクA:セイヨウトチノキ(別名マロニエ)

セイヨウトチノキはサポニン[アエスシンaescin (escin):樹皮には含まない]、
フラボノイド、
クマリン、クマリン配糖体[エスクリン]、
タンニン
を含みます。
25mほどの高さの落葉樹です。バルカン半島からヒマラヤまでの広い地域でみられます。16世紀にヨーロッパに紹介されました。春の終わりに白い花が直立した穂状花序につき、秋には球状の線褐色の棘状の果実の中に1-3cmの光沢のある赤茶の種があります。

セイヨウトチノキは別名マロニエとして知られる植物です。利用部位は樹皮、葉、花、クリに似た果実ですが、日本では果実は原則として医薬品の扱いです。他の部位も含めて、一般に、「静脈を強化し静脈瘤による症状を緩和する」といわれていますが、科学的に検証されたのは果実の規格化エキスのみです。
ドイツのコミッションE(薬用植物の評価委員会)でも果実のみ承認ハーブで、葉は未承認ハーブに分類されています。

規格化されたセイヨウトチノキの種子のエキスを経口摂取で静脈の疾患(痛み、足のだるさ、張り、かゆみ、浮腫み)に用いる場合、おそらく有効と思われます。

プラセボを使った無作為二重盲検あるいはクロスオーバーのヒト試験において、果実のエキスは慢性的な静脈の機能不全を有意に改善しています。
ドイツなどヨーロッパ諸国では、外傷後、手術時、手術後の脳浮腫治療用および他の外科治療用にアンプル入りエスシン静脈内注射が臨床使用されています。

安全性
生のものを口にするのは危険で、加工して有害な物質を除いたエキスを使用するべきとされています。エスクリンを含むため、死に至ることがあります。果実は、エスクリンを除いた標準規格品であれば、経口摂取での安全性が示唆されています。生の種子、樹皮、花、葉の摂取は危険です。
妊娠中・授乳中や、腎臓、肝臓障害のある人は禁忌です。

エスクリン除去した規格化種子エキスは副作用が出にくいと思われますが、めまい、悪心、頭痛、かゆみが報告されています。胃腸の不調やかゆみを起こすことがあります。
ラテックスにアレルギーをもつ人で特に、過敏症が起きることがあります。

医薬品等との相互作用
クマリンが含まれていますので抗凝血作用のあるハーブやサプリメント、抗凝固剤ワーファリンとの併用で出血傾向を高めることが考えられます。
種子と樹皮は血糖低下作用があるので、同じ作用をもつハーブや糖尿病治療薬との併用で、それらの作用に影響を与えることがあります。

国際線キャビンアテンダント達の間で大流行!
【ムクミンカット】-07【美容健康商品・コンタクトレンズ・家電専門店Blue-Lagoon】【ムクミンカット】-07
3,129円

国際線キャビンアテンダント達の間で大流行!
Ads by 電脳卸



ランクB:ツボクサ
ツボクサは、インドの伝承医学「アーユルヴェーダ」に取り入れられている、セリ科のハーブです。毛細血管の血流を増加する作用が確認されており、下肢静脈瘤を改善する効果があります。強壮、抗炎症、傷の治癒、利尿、緩下、鎮静などの効果を持つことも明らかになりました。足のむくみが気になる人、冷え症の人などに使われます。

中国の古い記録では、鎮痛作用や精神安定作用のある薬草として紹介されています。最近では、ストレスからくるめまいや耳鳴りにも使われているようです。
ツボクサは他に、センテラ、ゴーツコーラとも呼ばれます。野生のトラが、ケガをしたときに身体にすり込むという言い伝えから、「タイガーハーブ」の名前も持っています。

【セレブリティ レッグ2】シリーズ第2弾!下半身のムクミの原因を特許成分で燃焼!!

【クレイシーブライドフォーボディ】15種類の痩身成分配合!!太モモ・ふくらはぎ・二の腕・お腹周りの余分なお肉を撃退!!ボディソープにしてもOK♪3個購入で送料無料!



Evidence Based Medicine(EBM)=医学的な根拠に基づいた医療
医師個人の経験や慣習、偏りがちな権威者の意見などに左右されるのではなく、知りうる限りの疫学的研究成果や実証的・実用的な信頼できる根拠(evidence)に基づき、患者にとって最良の、効果的かつ質の高い治療を行う医療。EBMとは医療を円滑に行うための道具であり、医師にとってののぞましい行動指針である。→健康用語辞典


→→(12)へ続く


「食べて不老長寿−究極のthe elixir of lifeを求めて」のトップページ

<関連サイト>
→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ
→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
posted by くすりのとくさん at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 血栓性疾患 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。