Evidence Based Medicine(*EBM)

  (*EBM)医師個人の経験や慣習、偏りがちな権威者の意見などに左右されるのではなく、
 知りうる限りの疫学的研究成果や実証的・実用的な信頼できる根拠 (evidence)に基づき、
 患者にとにとって最良の、効果的かつ質の高い治療を行う医療。EBMとは医療を円滑に行う
 ための道具であり、医師や薬剤師にとってののぞましい行動指針のことを言います。

   →→医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報(1)
 

  食べて不老長寿
  文明が発達しヒトの生活が豊かになっても、病気を予防しさらに健康になりたいという気持ち
 は変わらないものです。

 「健康こそがこれから得るかもしれないどんな富よりも大切である」と思っているひとも
 いるでしょう。
 これからの時代は、どうすれば病気にならずにすみ、老化を少しでも遅らせることが
 できるかにかかっているのです。


 何を積極的に食べれば、老化やがんを少しでも防げるか、あるいは病気にならずにすむか。
 正しい食事とはいったい何だろう。何を食べて何を食べなければいいのかなど食事に対する
 疑問は山ほどありますがそれをビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、各種ファイトケミカル
 の立場から科学的に明解に説明したものは以外に少ないものです。 
 
 これらビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、各種ファイトケミカルなどの栄養素や
 サプリメント の効用を説明する生化学や薬理学をわかりやすく解説(説明)する解説書が
 ほとんど出ていないことも原因しています。

 ひとによってはわからないままに使っている。または、使い方が分からないので躊躇して
 しまっている。
 というのが現状のようです。


 そのような方への「道しるべ」 となる解説書を提供しょう。ご要望にお応えしょうというのが
 当ブログの趣旨なのです。

 「不老長寿
それは人類の究極の願いです。「食べて不老長寿ができればそれは最高
 にすばらしいことです。

 このブロブから究極のthe elixir of life(不老長寿の宝物を探しだしてください。 

 お薦め関連サイト→ EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報 

ファン

2010年09月25日

医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報(5)

精神症状
・うつ症状 (軽度〜中等度)
A:セイヨウオトギリソウ
「= セントジョーンズワート」
セイヨウオトギリソウはヨーロッパ原産で、アジア、北アフリカに分布する多年草で30-90cmの高さになります。セイヨウオトギリソウの中国語名は「貫葉連翹」です。
一般に「うつ状態を改善する」などといわれて、軽度のうつ状態に対しては、一部にヒトでの有効性が示唆されています。
ドイツのコミッションE(ドイツの薬用植物の評価委員会)は、うつ状態に対する使用を承認しています。

安全性については、光過敏症や睡眠障害、胃腸の不調などの悪影響、および様々な医薬品との相互作用があるため、使用には注意が必要とされています。妊娠中・授乳中の経口摂取については十分なデータがないため控えるべきとされています。
経口摂取で適切に短期間使用する場合(16週間)、安全性が示唆されています。
主な副作用は、不眠、めまいです 。その他の副作用としては、吐き気や胃腸の不快感、疲労、発汗、手のかゆみ、動悸、頭痛、呼吸困難、鼻血、動揺、不眠、循環器系のかく乱などを引き起こすことがあります 。
ヒトにおいては光感作はまれにしか見られませんが、色白な人が本品を使用する場合、過度の日光への照射は避けたほうがいいです。大量摂取した場合は(抽出物を一日1,800mg以上)摂取すると、重症の皮膚光感受性反応を起すことが報告されています。
小児においては、経口摂取で適切に短期間使用する場合、おそらく安全と思われます。12歳以下の小児で6週間まで安全に摂取できたという報告があります。

うつの患者では軽い躁状態や、二極性の患者では躁状態が誘導されることがあります。不眠が最も良く見られる副作用ですが、これは摂取量を減らすと軽減されます。

医薬品等との相互作用
健康な48歳の女性がセイヨウオトギリソウとカバカバを摂取した後、急性自己免疫性肝炎を生じたとの報告があります。
セイヨウオトギリソウは薬物代謝酵素であるチトクローム(Cytochrome)P450を誘導するため、多くの薬剤との相互作用が知られています。
日本では2000年5月、厚生省がセイヨウオトギリソウと医薬品との相互作用について医薬品等安全性情報で注意喚起を行った。薬物代謝酵素[チトクローム(Cytochrome)P450、特にサブタイプであるCYP3A4及びCYP1A2が誘導され、インジナビル(抗HIV薬)、ジゴキシン(強心薬)、シクロスポリン(免疫抑制薬)、テオフィリン(気管支拡張薬)、ワルファリン(血液凝固防止薬)、経口避妊薬の効果が減少する可能性があります。

健常成人男性16名)が、セントジョーンズワートを14日間摂取し、最終日にコレステロール降下剤のプラバスタチンまたはシンバスタチンを単回服用したところ、プラバスタチンの薬物動態には影響はなかったが、シンバスタチンの活性代謝物であるシンバスタチン酸と総シンバスタチン(シンバスタチンとシンバスタチン酸の総和)の血漿中濃度時間曲線下面積(AUC)が減少したという報告があります。

セロトニン様作用のあるハーブやジギタリス、チラミン含有食品との相互作用が知られています。

臨床検査において、プロトロンビン時間(血液凝固時間)、甲状腺刺激ホルモンなどの値に影響を与えることがあります。
アルツハイマー症、二極性障害、抑うつ、統合失調症の患者において、また麻酔下ではセイヨウオトギリソウ摂取が影響を与えることがあります。

セイヨウオトギリソウは一般に使用されている三環系抗うつ剤などの薬剤と比較して副作用は少なく、プロザックなどのSSRIとは同等か、副作用がやや少ないとされる極めて有用性の高いメディカルハーブの一つです。


不安症状
A:カバ

カバは南太平洋諸島原産のコショウ科のつる性の常緑木本です。高さは3mほどに伸び、地面をはい、葉は緑のハート形で長さ20-25cmにもなり黄緑色の花をつけます。根は塊状で、刺激性の苦味を持ちます。ポリネシアをはじめ太平洋の島々では、カバの根茎を磨りつぶし水やココナッツミルクを加えて作った飲み物を社交や儀礼に用いてきました。
一般に「不安を和らげる」「免疫を活性化する」「不眠症によい」「がんによい」などといわれている。
ヒトでの有効性については不安に対してのみ、おそらく有効と思われます。

安全性については、肝障害の報告が相次いでいることから、危険性が示唆されています。また、内因性うつ病患者、妊婦、授乳婦は禁忌です。
欧州各国では販売禁止もしくは未認可とされており、日本においても、全草が「医薬品」 に区分され、健康食品として販売してはならないとされています。
現時点で、日本で医薬品として承認許可された製品はなく、カバを含む製品は無承認無許可医薬品として、監視取締の対象となっています。


よってカバは抗不安作用としては優れた効果を発揮しますが、肝機能障害などの副作用の心配がありますので、カバが含有されている商品があったら決して服用しないように気をつけてください。もしあったら無承認無許可医薬品&健康食品です。

B:ラベンダー
芳香成分が鎮静、鎮痙作用を発揮し、不安や興奮に伴う不眠や精神性疲労、神経性胃炎などに鎮静系のハーブとブレンドして用いられます。

Evidence Based Medicine(EBM)=医学的な根拠に基づいた医療
医師個人の経験や慣習、偏りがちな権威者の意見などに左右されるのではなく、知りうる限りの疫学的研究成果や実証的・実用的な信頼できる根拠(evidence)に基づき、患者にとって最良の、効果的かつ質の高い治療を行う医療。EBMとは医療を円滑に行うための道具であり、医師にとってののぞましい行動指針である。→健康用語辞典


→→(6)へ続く


「食べて不老長寿−究極のthe elixir of lifeを求めて」のトップページ

<関連サイト>
→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ
→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
posted by くすりのとくさん at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神・神経疾患(不安・うつ症状) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月10日

テオブロミン:その他のファイトケミカル

テオブロミン
南米の国々で日常的に飲まれているお茶のマテ茶にはキサンチンの一種であるマテインが含まれています。マテインはカフェインに似たアルカロイドで、その成分 はテオブロミンとテオフェリンです。
血管拡張作用などがあり血液の環境をよくするため、中枢神経のシステムに 刺激を与えて活性化させ、注意力や考えをまとめる力などを活発にします。この働きはカフェインに似ていますが、 大きな違いはカフェインのように眠気を妨げるような作用が少ないということ、また 内蔵に負担をかけにくいという点です。
 
また、フラボノイドと呼ばれる成分を有しています。
このフラボノイドとは赤ワインなどに含まれて いることで有名なポリフェノールの一種です。
テオブロミンはチョコレートやココアのほろ苦さのもとです。

(1)リラックス効果があります。

(2)血圧を安定化させます。

(3)集中力を高めて、学習能力をアップさせます。

チョコレート、ココア

とくさんのお薦め商品紹介:人気の順番(よく売れている順番)です






【生活の木】ストレートハーブティー ティーバッグ 有機マテ茶 25ヶ入【生活の木】ストレートハーブティー ティーバッグ 有機マテ茶 25ヶ入







5袋セット☆黒豆ココア(栄養機能食品)200g☆活性発芽黒豆使用 5袋セット☆黒豆ココア(栄養機能食品)200g☆活性発芽黒豆使用







【ブルボンしょうがココア150g】[受注発注]【ブルボンしょうがココア150g】[受注発注]







【コクがおいしいミルクココア微糖8袋入り】[受注発注]※5250円以上送料無料※キャンセル・変更・返品交換不可※ご注文後商品を発注致し【コクがおいしいミルクココア微糖8袋入り】[受注発注]※5250円以上送料無料※キャンセル・変更・返品交換不可※ご注文後商品を発注致し


「食べて不老長寿−究極のthe elixir of lifeを求めて」のトップページ

<関連サイト>

→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ
→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
posted by くすりのとくさん at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神・神経疾患(不安・うつ症状) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。