Evidence Based Medicine(*EBM)

  (*EBM)医師個人の経験や慣習、偏りがちな権威者の意見などに左右されるのではなく、
 知りうる限りの疫学的研究成果や実証的・実用的な信頼できる根拠 (evidence)に基づき、
 患者にとにとって最良の、効果的かつ質の高い治療を行う医療。EBMとは医療を円滑に行う
 ための道具であり、医師や薬剤師にとってののぞましい行動指針のことを言います。

   →→医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報(1)
 

  食べて不老長寿
  文明が発達しヒトの生活が豊かになっても、病気を予防しさらに健康になりたいという気持ち
 は変わらないものです。

 「健康こそがこれから得るかもしれないどんな富よりも大切である」と思っているひとも
 いるでしょう。
 これからの時代は、どうすれば病気にならずにすみ、老化を少しでも遅らせることが
 できるかにかかっているのです。


 何を積極的に食べれば、老化やがんを少しでも防げるか、あるいは病気にならずにすむか。
 正しい食事とはいったい何だろう。何を食べて何を食べなければいいのかなど食事に対する
 疑問は山ほどありますがそれをビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、各種ファイトケミカル
 の立場から科学的に明解に説明したものは以外に少ないものです。 
 
 これらビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、各種ファイトケミカルなどの栄養素や
 サプリメント の効用を説明する生化学や薬理学をわかりやすく解説(説明)する解説書が
 ほとんど出ていないことも原因しています。

 ひとによってはわからないままに使っている。または、使い方が分からないので躊躇して
 しまっている。
 というのが現状のようです。


 そのような方への「道しるべ」 となる解説書を提供しょう。ご要望にお応えしょうというのが
 当ブログの趣旨なのです。

 「不老長寿
それは人類の究極の願いです。「食べて不老長寿ができればそれは最高
 にすばらしいことです。

 このブロブから究極のthe elixir of life(不老長寿の宝物を探しだしてください。 

 お薦め関連サイト→ EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報 

ファン

2010年09月27日

グルコサミンと膝関節痛

グルコサミンは糖の一種で、グルコースにアミノ基が付いた代表的なアミノ糖であり、動物の皮膚や軟骨、甲骨類の殻に含まれています。
工業的にはカニやエビなどの甲殻から得られるキチンを塩酸などで分解して製造されています。

俗に「関節の動きをなめらかにする」、「関節の痛みを改善する」などといわれ、ヒトでの有効性については、硫酸グルコサミンの摂取が骨関節炎におそらく有効と思われています。
 ただし、重篤で慢性的な骨関節炎の痛みの緩和に対しては、その効果がないことが示唆されています。

安全性については、硫酸グルコサミンは適切に摂取すればおそらく安全と思われており、塩酸グルコサミンは短期間、適切に摂取する場合は安全性が示唆されています。
若い人が長期にわたって摂取すると、自然な軟骨再生力が低下する可能性がります。
妊娠中・授乳中の安全性についてはデータが十分でないことから使用を避けるべきとされています。


医薬品等との相互作用

・高用量のコンドロイチン硫酸(2,400mg/日)と高用量のグルコサミン(3,000mg/日)の併用はワルファリンの作用を増強する可能性を示唆した報告があります。
・ワルファリン7.5mg/日を5年間投与していた71歳男性が、グルコサミン塩酸塩1,500mgとコンドロイチン硫酸1200mgを1日2回摂取し、3週間でプロトロンビン時間(INR)の延長がみられ、グルコサミン塩酸塩750mg/日、コンドロイチン硫酸600mg/日に減量してもINRが延長し続け、摂取の中止及びワルファリン投与量の半減により、回復したという症例報告があります。

・食品・医薬品の規制を担当しているオーストラリアTGA(Therapeutic Goods Administration)にワルファリンとグルコサミンの相互作用を示唆する報告が12件寄せられています。グルコサミン摂取により、ワルファリン治療で安定していたINR(国際標準比)が変化し、多くの場合は無症状でしたが、2件は出血傾向を示したと報告されています。気をつけるにこしたことはありません。

・他のハーブやサプリメント、食品との相互作用はとくに知られていません。


とくさんのお薦め商品(標準レベル★★、標準以上★★★、上級レベル★★★★、スペシャル★★★★★)

とくさんのお薦め度★★★
強力新サメ軟骨プラス 4本【ほほえみクラブ】強力新サメ軟骨プラス 4本
7,000円

グルコサミン+コンドロイチン増量
 
Ads by 電脳卸


とくさんのお薦め度★★★
グルコサミンプラス14 3本セット【ほほえみクラブ】グルコサミンプラス14 3本セット
4,500円

今まで何を飲んでも満足できなかった方に朗報
 
Ads by 電脳卸

とくさんのお薦め度★★★ ★★(超人気商品)
節々滑らか、階段楽々!飲む低分子ヒアルロン酸8100【うるおい生活リンリン本舗】節々滑らか、階段楽々!飲む低分子ヒアルロン酸8100
5,985円

低分子ヒアルロン酸 コラーゲン グルコサミン コンドロイチン含有
 
Ads by 電脳卸



とくさんのお薦め度★★★ ★(人気商品)
低分子ヒアルロン酸「パナセ-DR」 ビール酵母、MSM、カルシウム、グルコサミン、コンドロイチンがスムーズな動きをサポート♪【ヒアルロン酸なら、スタイル・ラボ】低分子ヒアルロン酸「パナセ-DR」 ビール酵母、MSM、カルシウム、グルコサミン...
16,800円

低分子ヒアルロン酸(ECM・E)に、話題のフシブシ成分MSM(メチルサルフォニルメタン)を配合。こし・ひざなどフシブシのスムーズな動きにフォーカス!趣味にスポーツに元気な、イキイキ世代をサポートします...
 
Ads by 電脳卸


とくさんのお薦め度★★★ ★(人気商品)


とくさんのお薦め度★★★ (人気商品)
【送料無料】ヒアルロン酸&コラーゲン楽潤【なめらか生活応援隊】【送料無料】ヒアルロン酸&コラーゲン楽潤
500円

ヒアルロン酸&コラーゲン楽潤は、吸収の良い低分子ヒアルロン酸、コラーゲン、コンドロイチン、グルコサミンなどのムコ多糖を含む安心できる食品として開発されたサプリメントです。
 
Ads by 電脳卸

TVでお馴染みの飲むヒアルロン酸


「食べて不老長寿−究極のthe elixir of lifeを求めて」のトップページ

<関連サイト>
→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ
→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
posted by くすりのとくさん at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 関節炎・関節リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャッツクローとリュウマチ

キャッツクローはアマゾン原産のハーブで、小枝から出る葉柄の付け根に、ネコの爪のような形の鈎が突き出ていることから、現地で「ネコの爪」と呼んでいたことに名前が由来してます。
インディオたちは蔓を切ったときに溢れ出てくる樹液を飲んだりして、消化器や免疫系の疾患に用いたとされています。
体系的調査は1950年代に開始され、70年代には抗腫瘍性物質も発見されている。
俗に、「痛風やリウマチなどの痛みに効く」、「免疫力を高める」、「がんに効く」といわれていますが、関節炎の痛みを緩和することについてのみ、有効性が示唆されています。
しかし、その作用もヒトへの健康効果に関してはさらなる科学的な根拠(EBM)が望まれています。


安全性情報

安全性については、適切に短期間経口摂取する場合は、安全性が示唆されています。大量に服用することは副作用の心配があります。・経口摂取によって頭痛やめまい、嘔吐が報告されています 。
授乳中の安全性については信頼できるデータが充分ではありません。


医薬品等との相互作用

・キャッツクローには血圧を下げる作用があるため、降圧剤を服用している人の場合、併用摂取には下がりすぎに注意をしましょう。
・免疫を刺激する作用があるので、免疫抑制剤の作用に影響を与えることがあります。
・肝薬物代謝酵素チトクロームP450(CYP3A4)を阻害する可能性を示唆する知見があります。つまり、CYP3A4で代謝される薬物(ロバスタチンやケトコナゾールなど)の代謝を抑制し、薬物の血中濃度が上昇する可能性があるとされています。これらの薬剤を投与されている患者でのキャッツクローの摂取は慎重に行うか、避けたほうがよいと考えられます。
・他のハーブやサプリメント、食品との相互作用は知られていません。


とくさんのお薦め商品(標準レベル★★、標準以上★★★、上級レベル★★★★、スペシャル★★★★★)

good! これが一番のお薦めです!
とくさんのお薦め度<★★★★table cellspacing="0" cellpadding="0" border="0">

    気になる痛みにハーブの王様キャッツクロー濃縮カプセル[Arewell]
    
    気になる痛みにハーブの王様キャッツクロー濃縮カプセル[Arewell]
1カプセル中: 乾燥キャッツクローエクストラクト 175mg、(4%アルカノイド)
キャッツクロー  160mg




とくさんのお薦め度★★★
バイオキャッツクロウEX【自然医食普及会】バイオキャッツクロウEX
8,505円

高濃度キャッツクロウエキスに西洋シロヤナギエキスをプラス。アマゾンの伝承ハーブ・キャッツクロウの25倍濃縮エキスに西洋シロヤナギエキスのほか日常不足しがちな栄養成分(植物エキスとビタミンB群)を配合、...
 
Ads by 電脳卸


とくさんのお薦め度★★★
【ラブ キャッツクロウ】キャッツクローは副作用のない抗炎症剤としてWHOで公式に認定され、EU(ヨーロッパ)では医薬品として販売・使用されています。又、シソ油は植物由来のオメガVと呼ばれています。【健食メーカー★ユニコラーゲン社★】【ラブ キャッツクロウ】キャッツクローは副作用のない抗炎症剤としてWHOで公式に...
9,550円

<関節思いのサプリメント>ラモンフィレイラ博士認定のキャッツクロウに不飽和脂肪酸のシソ油を加え、飲みやすい粒タイプに仕上げました。
 
Ads by 電脳卸


とくさんのお薦め度★★★

とくさんのお薦め度★★★
キャッツクロースーパーDX / 節々の動きをスムーズにサポートするサプリメント【これこれ倶楽部】キャッツクロースーパーDX / 節々の動きをスムーズにサポートするサプリメント
6,615円

キャッツクロースーパーDXで節々の動きスムーズ!自然派サプリメントで体に優しくサポートします。
 
Ads by 電脳卸


とくさんのお薦め度★★★
筋骨草エキス&コンドロイチン配合 グルコサミン 90日【HBMライフネット】筋骨草エキス&コンドロイチン配合 グルコサミン 90日
4,800円

お得な90日分!!従来品と比べて、グルコサミン配合量が2.2倍アップしました!体感力アップを追求した高配合!!
 
Ads by 電脳卸


関連記事:グルコサミンは膝関節の痛みに効くの? 



「食べて不老長寿−究極のthe elixir of lifeを求めて」のトップページ

<関連サイト>
→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ
→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
posted by くすりのとくさん at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 関節炎・関節リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報(6)

・リウマチ・関節症
間接リウマチ
B:ω-3系脂肪酸(魚油、α-リノレン酸EPA、DHA)
中性脂肪が気になる方に!
α-リノレン酸 (多価不飽和脂肪酸)、 n-3系列
(1)n-3系列のα-リノレン酸は良質の多価不飽和脂肪酸です。
良質の脂肪酸ですが酸化されやすいのでサラダやマリネなど生で利用する方がいいとされています。
(2)血小板の凝集抑制による血栓予防効果、末梢の血流促進による血圧低下作用があります。
(3)α-リノレン酸はリノール酸に対して競合的に働き、リノール酸の過剰摂取から引き起こされるさまざまな疾患を抑制する作用があります。

α-リノレン酸を多く含む食品
しそ油、えごま油、くるみ、マーガリン、大豆、海藻類

1)EPA(エイコサペンタエン酸)  n-3系列>→関連ページを開く
EPA(エイコサペンタエン酸)はn-3系列の多価不飽和脂肪酸で、国際的にはIPAの呼び名が一般的です。EPAは、魚やアザラシを主食とするエスキモー人に多く存在していることが注目されて研究が始まったという歴史があります。
食品からとらなければ人間の体内ではつくることができない必須脂肪酸です。ただし、植物油などα-リノレン酸を含む食品を摂取すると、体内でEPAに変わります。
EPAとしての主な供給源はハマチ、サンマ、イワシ、マグロなどで、魚の脂肪に多く含まれていることで有名です。
(1)血小板の凝集抑制による血栓予防効果があります。 (EPA>DHA)
(2)血中の中性脂肪を減らします。(EPA>DHA)
(3)LDLコレステロールを減らしHDLを増やします。
この作用はDHAドコサヘキサエン酸)の方が強い作用を持っています。(DHA>EPA)
(4)炎症をしずめる効果があります。
そのため、変形性膝関節症や慢性関節リウマチなどに有効です。(EPA>DHA)

EPA(エイコサペンタエン酸) を多く含む食品
     脂ののった青背の魚(あじ、いわし、さば、かつお、さんま)刺身

2)DHA(ドコサヘキサエン酸) n-3系列 →関連ページを開く
DHA(ドコサヘキサエン酸)は、人間にとって必要な栄養素であるにも関わらず身近な植物や陸上動物には存在していません。
n-3系列の多価不飽和脂肪酸で、植物油などα-リノレン酸を含む食品を摂取すると、体のなかでEPAを経て合成されることがわかっています。
また、EPAと同様に魚の脂肪に多く含まれており、供給源として期待されるのは脂肪の多い魚です。いわし油にはEPA、DHAともに約10%、まぐろの目の脂肪にはDHAが約30%含まれています。

(1) 血小板の凝集抑制による血栓予防効果があります。(EPA>DHA)
(2)血中の中性脂肪を減らします。(EPA>DHA)
(3)LDLコレステロールを減らしHDLを増やします。(DHA>EPA)
(4) 血液脳関門を通過するため脳における記憶・学習能力を高めることが出来ます。(DHAのみ中枢に作用)
(5) 神経細胞を修復・活性化させ、アルツハイマー病や痴呆症を予防します。(DHAのみ)
(6)末梢血流促進による血圧低下作用があります。(DHA>EPA)
(7)過剰なアラキドン酸の生成抑制により抗がん作用を発揮します。(DHA>EPA)
DHAはプロスタグランジンE2を正常に保つ作用があるため、過剰なアラキドン酸から作られるプロスタグランディンE2の免疫機能低下を抑制させるだけでなく、ガンの増殖を抑制します。
(8)精神を安定化させる作用があります。(敵意性の低下)(DHA>EPA)
(9)抗がん剤による脱毛を抑制します。(DHA>EPA)

DHA(ドコサヘキサエン酸)を多く含む食品
魚の目ののまわり、鰻の蒲焼、マグロ、ぶり、さば、いわし



変形性関節症

A:グルコサミングルコサミングルコサミンプラス14 6本セット
グルコサミン&コンドロイチンEX、 グルコサミン・キャッツクロー・サメ軟骨3点セット
グルコサミンは糖の一種で、グルコースにアミノ基が付いた代表的なアミノ糖であり、動物の皮膚や軟骨、甲骨類の殻に含まれています。
工業的にはカニやエビなどの甲殻から得られるキチンを塩酸などで分解して製造されています。

一般に「関節の動きをなめらかにする」、「関節の痛みを改善する」などといわれ、ヒトでの有効性については、硫酸グルコサミンの摂取が骨関節炎におそらく有効と思われています。
 ただし、重篤で慢性的な骨関節炎の痛みの緩和に対しては、その効果がないことが示唆されています。

安全性については、硫酸グルコサミンは適切に摂取すればおそらく安全と思われており、塩酸グルコサミンは短期間、適切に摂取する場合は安全性が示唆されています。
若妊娠中・授乳中の安全性についてはデータが十分でないことから使用を避けるべきとされています。


医薬品等との相互作用
・高用量のコンドロイチン硫酸(2,400mg/日)と高用量のグルコサミン(3,000mg/日)の併用はワルファリンの作用を増強する可能性を示唆した報告があります。
・ワルファリン7.5mg/日を5年間投与していた71歳男性が、グルコサミン塩酸塩1,500mgとコンドロイチン硫酸1200mgを1日2回摂取し、3週間でプロトロンビン時間(INR)の延長がみられ、グルコサミン塩酸塩750mg/日、コンドロイチン硫酸600mg/日に減量してもINRが延長し続け、グルコサミンの摂取の中止及びワルファリン投与量の半減により、回復したという症例報告があります。

・食品・医薬品の規制を担当しているオーストラリアTGA(Therapeutic Goods Administration)にワルファリンとグルコサミンの相互作用を示唆する報告が12件寄せられています。グルコサミン摂取により、ワルファリン治療で安定していたINR(国際標準比)が変化し、多くの場合は無症状でしたが、2件は出血傾向を示したと報告されています。気をつけるにこしたことはありません。ワルファリン治療中の患者はグルコサミンは控えましょう。
他のハーブやサプリメント、食品との相互作用はとくに知られていません。
【送料無料】【代引き手数料】飲む低分子ヒアルロン酸8100 ×3セット(約3ヶ月分)
飲む低分子ヒアルロン酸,グルコサミン、コンドロイチン配合


B:デビルズクロウ、キャッツクロウ 関連ページを開く
キャッツクロウはアマゾン原産のハーブで、小枝から出る葉柄の付け根に、ネコの爪のような形の鈎が突き出ていることから、現地で「ネコの爪」と呼んでいたことに名前が由来してます。
インディオたちは蔓を切ったときに溢れ出てくる樹液を飲んだりして、消化器や免疫系の疾患に用いたとされています。
体系的調査は1950年代に開始され、70年代には抗腫瘍性物質も発見されている。
俗に、「痛風やリウマチなどの痛みに効く」、「免疫力を高める」、「がんに効く」といわれていますが、関節炎の痛みを緩和することについてのみ、有効性が示唆されています。
しかし、その作用もヒトへの健康効果に関してはさらなる科学的な根拠(EBM)が望まれています。

安全性情報
安全性については、適切に短期間経口摂取する場合は、安全性が示唆されています。大量に服用することは副作用の心配があります。・経口摂取によって頭痛やめまい、嘔吐が報告されています 。
授乳中の安全性については信頼できるデータが充分ではありません。

医薬品等との相互作用
・キャッツクロウには血圧を下げる作用があるため、降圧剤を服用している人の場合、併用摂取には下がりすぎに注意をしましょう。
・免疫を刺激する作用があるので、免疫抑制剤の作用に影響を与えることがあります。
・肝薬物代謝酵素チトクロームP450(CYP3A4)を阻害する可能性を示唆する知見があります。つまり、CYP3A4で代謝される薬物(ロバスタチンやケトコナゾールなど)の代謝を抑制し、薬物の血中濃度が上昇する可能性があるとされています。これらの薬剤を投与されている患者でのキャッツクローの摂取は慎重に行うか、避けたほうがよいと考えられます。
・他のハーブやサプリメント、食品との相互作用は知られていません。


・間歇性跛行症
A:イチョウ→イチョウ葉エキス


Evidence Based Medicine(EBM)=医学的な根拠に基づいた医療
医師個人の経験や慣習、偏りがちな権威者の意見などに左右されるのではなく、知りうる限りの疫学的研究成果や実証的・実用的な信頼できる根拠(evidence)に基づき、患者にとって最良の、効果的かつ質の高い治療を行う医療。EBMとは医療を円滑に行うための道具であり、医師にとってののぞましい行動指針である。→健康用語辞典


→→(7)に続く



「食べて不老長寿−究極のthe elixir of lifeを求めて」のトップページ

<関連サイト>
→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ
→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
posted by くすりのとくさん at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 関節炎・関節リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

パンガミン酸(ビタミンB15)

パンガミン酸(ビタミンB15)
パンガミン酸(Pangamic acid)は、アンズの種子(杏仁)から抽出された物質です。
ビタミンB15と呼ばれていました。

パンガミン酸がいかなる化合物あるいは混合物であるかは定かでありませんが、しばしばグルコン酸とジメチルグリシンのエステル誘導体であるとされています。
サプリメントなどとして販売されているものは業者によって成分がまちまちです。
グルコン酸と種々のアミノ酸のエステル誘導体や、ジメチルグリシン自体がビタミンB15と称して販売されています。それらの多くが天然物ではなく、工業的に合成された化合物です。

パンガミン酸はかつてビタミンであるとされていましたが、ヒトに必須であることが示されず欠乏症も見つからなかったため、現在ではビタミンとはされていません。

パンガミン酸はアトピー、関節炎、がんなど様々な疾患、症状の治療に有効であるとされましたが、その後の研究ではヒトまたはその他の哺乳類の健康に有効であるという説得力のある根拠は示されていません。

(1)ビタミンEに似た抗酸化作用があります。
とくにビタミンAやEを同時にとると効果的と言われています。

パンガミン酸を多く含む食品
ゴマ、ビール酵母、かぼちゃの種、

薬とメディカルハーブ&とサプリの有効性、安全性(副作用)と相互作用(飲み合わせ)のことなら
スペシャルサイト(姉妹サイト)→→→「予防としてのナチュラルメディスン(メディカルハーブ&サプリ)の世界」がお薦めです。

「レディー(女性)のためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」
レディー(女性)を対象にサプリやハーブによるダイエットを中心としたサイトです。美肌、美脚、バストアップ、痩せ(ダイエット)、育毛促進、脱毛、癒し、デトックスなど薬剤師の目から女性が美しくなるための応援を致します。人気のある商品を中心に紹介しています。

「食べて不老長寿−究極のthe elixir of lifeを求めて」のトップページ

<関連サイト>

→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ
→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
posted by くすりのとくさん at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 関節炎・関節リウマチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。