Evidence Based Medicine(*EBM)

  (*EBM)医師個人の経験や慣習、偏りがちな権威者の意見などに左右されるのではなく、
 知りうる限りの疫学的研究成果や実証的・実用的な信頼できる根拠 (evidence)に基づき、
 患者にとにとって最良の、効果的かつ質の高い治療を行う医療。EBMとは医療を円滑に行う
 ための道具であり、医師や薬剤師にとってののぞましい行動指針のことを言います。

   →→医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報(1)
 

  食べて不老長寿
  文明が発達しヒトの生活が豊かになっても、病気を予防しさらに健康になりたいという気持ち
 は変わらないものです。

 「健康こそがこれから得るかもしれないどんな富よりも大切である」と思っているひとも
 いるでしょう。
 これからの時代は、どうすれば病気にならずにすみ、老化を少しでも遅らせることが
 できるかにかかっているのです。


 何を積極的に食べれば、老化やがんを少しでも防げるか、あるいは病気にならずにすむか。
 正しい食事とはいったい何だろう。何を食べて何を食べなければいいのかなど食事に対する
 疑問は山ほどありますがそれをビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、各種ファイトケミカル
 の立場から科学的に明解に説明したものは以外に少ないものです。 
 
 これらビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、各種ファイトケミカルなどの栄養素や
 サプリメント の効用を説明する生化学や薬理学をわかりやすく解説(説明)する解説書が
 ほとんど出ていないことも原因しています。

 ひとによってはわからないままに使っている。または、使い方が分からないので躊躇して
 しまっている。
 というのが現状のようです。


 そのような方への「道しるべ」 となる解説書を提供しょう。ご要望にお応えしょうというのが
 当ブログの趣旨なのです。

 「不老長寿
それは人類の究極の願いです。「食べて不老長寿ができればそれは最高
 にすばらしいことです。

 このブロブから究極のthe elixir of life(不老長寿の宝物を探しだしてください。 

 お薦め関連サイト→ EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報 

ファン

2010年09月25日

医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報(7)

呼吸器・喘息
・喘息、喘息性気管支収縮
ランクB:乳香

乳香(にゅうこう)とはムクロジ目カンラン科ボスウェリア属の樹木から分泌される樹脂のことです。
ボスウェリア属の樹木は、オマーンなどの南アラビア、ソマリアなどの東アフリカ、インドに分布しています。

これらの樹皮から分泌された樹液は空気に触れると乳白色〜橙色の涙滴状の塊となります。その様子から乳香の名がつけられました。
これらの樹脂の性質は、樹木の種類や産地によって大きく異なります。
良質とされるものの商業的な生産は主にオマーンで行なわれており、乾季の間に天然ゴムの生産と同様に樹皮に傷をつけてそこに固まる樹脂を採取しています。

この樹脂エキスはロイコトリエンなどの前炎症性メディエーターの合成を阻害することがわかっており、喘息、喘息気管支炎に有効とされています。その他、関節炎、炎症性腸疾患などにつかわれることがあります。
経口薬として使用する場合はおそらく安全と言われています。

乳香は紀元前40世紀にはエジプトの墳墓から埋葬品として発掘されているため、このころにはすでに焚いて香として利用されていたと推定されています。
古代エジプトでは神に捧げるための神聖な香として用いられていました。神に捧げるための香という点は古代のユダヤ人たちにも受け継がれており、聖書にも神に捧げる香の調合に乳香の記述が見られます。

日本には10世紀には薫香の処方内への記述が現れるため、このころにシルクロードを通じて伝来したものと考えられています。

香水などへの使用が行なわれるようになったのは16世紀に入ってからであり、乳香を水蒸気蒸留したエッセンシャルオイルや溶剤抽出物であるレジノイドがこの用途に用いられるようになりました。
フランキンセンス(乳香)
Eミニ フランキンセンス(乳香)
100%ピュア&ナチュラル『エッセンシャルオイル フランキンセンス(乳香)』


ランクB:エフェドラ/マオウ
エフェドラ(Ephedra)というのは、中国に自生するマオウ科(Ephedraceae)などの地上茎を乾燥したものが、生薬「マオウ」です。日本名としては、中国と同じ漢字で「麻黄」と書き、「マオウ」と読まれます。「マオウ」と片仮名で記載されることもあります。漢方では、鎮咳、解熱、発汗作用を持つ成分として他の生薬とブレンドし、混合薬の形で使われます。ダイエット品の中にもつかわれている場合があります。

2004年2月6日、米国のFDA(食品医薬品局)は、疾病や障害の過度ののリクスがあるとしてエフェドラ含有サプリメントの販売を禁止する最終規則を発表しています。
中枢神経系刺激作用、気管支拡張作用、血管収縮作用があることが確認されています。また、カフェインと一緒に用いると減量効果があることがわかっています。
しかし、頻脈などの不整脈、心筋梗塞、高血圧、脳卒中などの副作用が起こる可能性があり、死亡例も報告されてります。エフェドラ/マオウはサプリメントとして摂取することは危険ですので医師や薬剤師に相談なく勝手に摂取しないよう注意してください。


・上気道感染症、気管支炎
ランクB:エキナセア

エキナセアは、北米に分布する多年草で、薬用部分は主に根(エキナセア根)および根茎です。
エキナセアには3種類(E.augustifolia, E.pallida, E.purpurea)あり、種類に応じて根、葉、全草など異なる部位が利用されています。
エキナセアの中国語名は「紫錐花」、「金光菊」です。一般に「免疫力を高める」などといわれ、風邪などの上気道感染に対する作用など、一部にヒトでの有効性が示唆されています。

安全性については、アナフィラキシー等の健康被害が報告されているほか、結核や白血病、膠原病、多発性硬化症、エイズや自己免疫疾患などの全身性疾患には禁忌とされています。

医薬品等との相互作用
・エキナセアには肝毒性を引き起こす可能性があるため、アナボリックステロイドやアミオダロン、メトトレキサート、ケトコナゾールなどの肝毒性を引き起こす可能性がある薬物との併用は避けたほうがよいとされています。
・また、上記と同じ理由でカバと併用して使用する場合にも注意が必要です。
エキナシア(エキナセア)&プロポリススプレー
家族の健康の為にご常備頂きたいメディカルハーブ! 「エキナセア 100粒」
健康フーズ エキナセア茶 3箱セット


・副鼻腔炎、炎症
ランクB:ブロメライン

ブロメラインは、パイナップルから抽出された植物性蛋白分解酵素数種の混合物です。
ブロメラインは花粉症対策で問題となる鼻や目の炎症部分に溜まるタンパク質を溶かし、花粉症の炎症部分の血流を上げて花粉症の辛い症状を改善する効果が期待されています。
すなわち、アルギニンとアラニン、アラニンとグルタミンのアミノ酸結合を加水分解することにより蛋白質を分解し、創傷面の壊死組織の分解・除去・清浄化に働きます。

ブロメラインはタンパク質消化酵素の分泌が不十分な体質の方が起こすアトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)などのアレルギーの改善やカンジダ皮膚炎(カンジタ皮膚炎)の予防にも使われることが多く、ヨーロッパやアメリカでは一般的なサプリメントです。
しっとり・つやつや・すべすべはこれ1本で!ブラヴィ ボディミルク(290mL)
スーパー抗酸化ビタミン剤


Evidence Based Medicine(EBM)=医学的な根拠に基づいた医療
医師個人の経験や慣習、偏りがちな権威者の意見などに左右されるのではなく、知りうる限りの疫学的研究成果や実証的・実用的な信頼できる根拠(evidence)に基づき、患者にとって最良の、効果的かつ質の高い治療を行う医療。EBMとは医療を円滑に行うための道具であり、医師にとってののぞましい行動指針である。→健康用語辞典


→→(8)へ続く


「食べて不老長寿−究極のthe elixir of lifeを求めて」のトップページ

<関連サイト>
→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ
→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
posted by くすりのとくさん at 12:16| Comment(0) | TrackBack(1) | 呼吸器疾患(喘息・花粉症・アレルギー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月11日

ロズマリン酸 :ファイトケミカル

posted by くすりのとくさん at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 呼吸器疾患(喘息・花粉症・アレルギー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

プロポリスのことを紹介して?

プロポリスは、ミツバチが樹木の特定部位(新芽、蕾、樹皮など)から採取した樹液や色素などに、ミツバチ自身の分泌液を混ぜてできた巣材です。

ハチの巣から分離するため純物質を得ることは難しく、巣の副産物が含まれることが多いといわれています。
また、産地や抽出方法によってその構成成分が異なります。

プロポリスは紀元前350年から利用され、ギリシャ人は膿瘍に、アッシリア人は傷や腫瘍の治癒に用いたといわれています。
俗に「抗菌作用がある」、「炎症を抑える」などといわれ、一部でヒトでの有効性が示唆されています。

安全性については、ハチやハチの生産物にアレルギーのある人(特に喘息患者)は使用禁忌であり、外用で用いた場合(化粧品を含む)に接触性皮膚湿疹を起こすことがあります。妊娠中・授乳中の安全性については信頼できるデータがないので原則摂取はさけるべきと思われます。


医薬品等との相互作用

 チンキ剤の中には高濃度のアルコールを含むものがあるので、ジスルフィラムやメトロニダゾールと併用すると嘔吐が起こる可能性があります。

 ペルーバルサンと併用して使用すると顕著なアレルギー感作が起こる可能性があります。そのため、ペルーバルサンに対してアレルギーのある人は注意して使用する必要があります。

ワルファリン服用者でプロポリスを摂取したところPT−INRのコントロール値がくるってしまった(ワルファリンの減弱)との報告があるため注意が必要です。

王漢酵素 生プロポリス/濃縮・超水溶性のプロポリスで健康維持!花粉症が気になる方にもオススメ








漢和プロポリス-I 150粒/花粉で、鼻のムズムズ、くしゃみ、目のかゆみが気になるという方に








プロポリススーパーエキストラ 10ml×6本/プロポリスで体の中から健康に








スパプロポリス








花プロポリスアガリクスプラス 270粒/プロポリスの力で花粉症対策!鼻のグズグズ、くしゃみ対策に








送料無料!森川健康堂 プリポリス粒 600粒/プロポリスは体の中から守ります





「食べて不老長寿−究極のthe elixir of lifeを求めて」のトップページ

<関連サイト>
→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ
→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
posted by くすりのとくさん at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 呼吸器疾患(喘息・花粉症・アレルギー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。