Evidence Based Medicine(*EBM)

  (*EBM)医師個人の経験や慣習、偏りがちな権威者の意見などに左右されるのではなく、
 知りうる限りの疫学的研究成果や実証的・実用的な信頼できる根拠 (evidence)に基づき、
 患者にとにとって最良の、効果的かつ質の高い治療を行う医療。EBMとは医療を円滑に行う
 ための道具であり、医師や薬剤師にとってののぞましい行動指針のことを言います。

   →→医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報(1)
 

  食べて不老長寿
  文明が発達しヒトの生活が豊かになっても、病気を予防しさらに健康になりたいという気持ち
 は変わらないものです。

 「健康こそがこれから得るかもしれないどんな富よりも大切である」と思っているひとも
 いるでしょう。
 これからの時代は、どうすれば病気にならずにすみ、老化を少しでも遅らせることが
 できるかにかかっているのです。


 何を積極的に食べれば、老化やがんを少しでも防げるか、あるいは病気にならずにすむか。
 正しい食事とはいったい何だろう。何を食べて何を食べなければいいのかなど食事に対する
 疑問は山ほどありますがそれをビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、各種ファイトケミカル
 の立場から科学的に明解に説明したものは以外に少ないものです。 
 
 これらビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、各種ファイトケミカルなどの栄養素や
 サプリメント の効用を説明する生化学や薬理学をわかりやすく解説(説明)する解説書が
 ほとんど出ていないことも原因しています。

 ひとによってはわからないままに使っている。または、使い方が分からないので躊躇して
 しまっている。
 というのが現状のようです。


 そのような方への「道しるべ」 となる解説書を提供しょう。ご要望にお応えしょうというのが
 当ブログの趣旨なのです。

 「不老長寿
それは人類の究極の願いです。「食べて不老長寿ができればそれは最高
 にすばらしいことです。

 このブロブから究極のthe elixir of life(不老長寿の宝物を探しだしてください。 

 お薦め関連サイト→ EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報 

ファン

2010年10月12日

グレープフルーツジュースと薬の飲み合わせ

一部の医薬品は、グレープフルーツジュースを飲むと効果が強く出たり、副作用が現れやすくなるおそれのあることが知られています。血圧を下げる薬や高脂血症の治療剤などにみられます。要注意です。


降圧剤(カルシウム拮抗剤の「ニフェジピン(アダラート)」、「ニカルジピン(ペルジピン)」、「ニトレンジピン(バイロテンシン)」、「ニソルジピン(バイミカード)」、「マニジピン(カルスロット)」、「ベラパミル(ワソラン)」)など、

高脂血症治療剤(「シンバスタチン(リポバス)」、「アトルバスタチン(リピトール)」など)、

免疫抑制剤(「シクロスポリン(サンデイミュン)」など)、

催眠鎮静剤、麻酔前投薬「ミタゾラム(ドルミカム)」、「トリアゾラム(ハルシオン)、(ネスゲン)、(ハイラック)、(ミンザイン)、(ライトコール)、(アサシオン)」

 グレープフルーツジュースには、腸管での薬物代謝酵素の働きを抑える物質が含まれているため、腸管で薬が代謝される割合が減り、その結果体内に薬が吸収される量が通常より増えてしまいます。このため、効果が強く出たり、副作用が現れやすくなると考えられています。
すなわち、グレープフルーツに含まれる苦味成分のフラボノイドが今回取り上げた薬の解毒酵素チトクロームP450-CYP3A4という酵素の仕事を邪魔するのです。その結果、薬をのみ過ぎた症状が出るのです。
具体的には、降圧剤(カルシウム拮抗剤の場合は、まず血圧が下がり過ぎ、心拍数が増えます(ドキドキの回数が増える)。そしてめまい、ふらつき、頭痛、顔面紅潮(顔がほてる)等が起きます。

さらにこの相互作用はグレープフルーツジュースを飲んだ日だけではなく、2〜3日続く場合もあるといわれていますので注意が必要です。

なお、この酵素の働きを抑える物質は、グレープフルーツの果肉の部分にも含まれているようです。従って、ジュースだけではなく、果肉を食べる場合にも注意が必要といわれています。
 
上記のほかにもグレープフルーツジュースを避けるべき医薬品は多数ありますので、新たなお薬が処方された時などは、薬剤師に確認されることをおすすめします。
なお、グレープフルーツと同じ柑橘類でも、ミカン、オレンジなどは影響を与えないといわれています。



「食べて不老長寿−究極のthe elixir of lifeを求めて」のトップページ


<関連サイト>
→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ
→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ

posted by くすりのとくさん at 19:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外:薬やサプリの安全性と飲み合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

ワルファリン服用患者はは納豆、青汁は食べれないの?


ワルファリン(ワーファリン)を飲んでいるひとは、納豆、クロレラ、青汁は食べてはいけません。納豆、クロレラ、青汁に含まれるビタミンKがワルファリン(ワーファリン)の抗血栓効果を減弱させるからです。抗血栓効果が減弱すると血栓が出来やすくなります。心房細動の患者さんは脳梗塞を起こす可能性がありますので要注意です。

ビタミンKは
、1929年にデンマークのダムによって、血液を正常に凝固させるための必須物質として発見されました。
ビタミンKの名前の由来も、オランダ語の「凝固(koagulation)」の頭文字からきています。
出血時に血が自然に止まるのは、体内に血液を凝固させる物質があるためで、その血液を凝固させる物質のひとつであるたんぱく質(プロトロンビンなど)を生成する補酵素として働くのが、ビタミンKです。

ビタミンKにはいろいろな種類があり、そのなかで自然界に存在するのはK1とK2の2種類です。K1はおもに植物の葉緑体で作られるため、ほうれん草などの緑色の濃い野菜や海草などに多く含まれます。
また同じ野菜でも、日に良く当たる外側の葉のほうが、内側よりもビタミンKが多く含まれます。K2はおもに微生物によって作られるため、発酵食品である納豆などに多く含まれます。またビタミンK2は腸内細菌によっても合成されます。また、体内でK1はK2に変換して働くともいわれK2の方が即効的で効力も1.5倍強いとされています。


抗凝固薬ワルファリン(製品名:ワーファリン)を使用している患者ではワーファリンの作用に薬理学的に拮抗しますのでビタミンKが多く含まれる「納豆」、「青汁」、「クロレラ」は使用を避ける必要があります。
一方、ホウレンソウやブロッコリーなどの緑物野菜もビタミンKを含みますが、普通に食べる回数・量ではほとんど問題になりませんが、多く食べすぎないことが大事です。
ワルファリンを服用されている場合は医師、薬剤師にはワルファリンを飲んでいることを必ずお伝えすることが大事になります。


ワルファリン(製品名:ワーファリン)を飲んでいないひとはビタミンKを服用しても全く問題ありません。むしろ、止血に必要な凝固因子(プロトロンビンなど)を生成するので大事なビタミンです。さらに骨を丈夫にする作用もあります。

(参考)
このビタミンKには、骨を丈夫に保つ働きもあります。
骨に含まれるたんぱく質の中で最も多いのが、ビタミンCと関係するコラーゲンですが、その次に多いのがビタミンKが合成に関わるたんぱく質オステオカルシンです。

オステオカルシンはカルシウムが骨に沈着するときに必要な物質で、ビタミンKはそのオステオカルシンの生成に関与することでカルシウムの骨への沈着を促します。

これ以外にもビタミンKにはカルシウムが骨から流出するのを抑える働き、骨の石灰化への手助けなどがあり、複合的に骨を丈夫にするために働きます。

ビタミンKが不足すると、骨に十分にカルシウムが取り込めなくなり、細くもろい骨になってしまいます。このためビタミンKは骨粗鬆症の予防に有効です。またカルシウムの取り込みとは逆に、動脈や腎臓などでは、カルシウムの沈着を防ぐ働きがビタミンKにはあります。
posted by くすりのとくさん at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外:薬やサプリの安全性と飲み合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

ハーブやサプリは天然だから安全だと思っていませんか?

ハーブやサプリは天然だから安全だ。は大きな間違いです。

サプリメントやハーブは天然素材が多いため安全だ。副作用はないと思い込んでいるひとがいませんか?それは大きな間違いです。天然素材であっても有害な物質は数多く存在します。

 サプリ、ハーブを飲んだことにより、発疹や蕁麻疹のような皮膚症状が出た、発熱、下痢や便秘、胃もたれ、胸やけ、身体のだるさや食欲不振などの症状がでてきたときなどは要注意です。一種のアレルギー症状の可能性があります。体が拒否反応を表している証拠になります。身体のだるさや食欲不振などの症状は肝機能障害を起こしていることがあります。肝機能障害は血液検査でわかります。

飲んでいて症状がよくならないばかりか、かえって悪化するようなときにはまず副作用の可能性があります。一般に、副作用はやめるとよくなりますが、症状が気になるときには、くすりやサプリやハーブを中止して医師を受診することをお勧めします。

また、いつも使っているものでも、からだの調子により副作用がでることがあります。また、今まで使ったことのないものを服用(使用)するときは特に注意が必要です。


「食べて不老長寿−究極のthe elixir of lifeを求めて」のトップページ

<関連サイト>

→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ
→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
タグ:安全性
posted by くすりのとくさん at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外:薬やサプリの安全性と飲み合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

副作用の本質を正しく理解してますか?

薬の副作用ってわかっているようで実はわかっている人は少ないのですよ。
では、次の表現は正しいでしょうか?答えてみてください。

@ 医薬品が正しく使用されていれば副作用は問題になりません。
A 医薬品が正しく使用されていれば副作用が少なくなります。


答えはいずれも間違いです。
副作用は正しく使用されていても起こるから問題なのです。医薬品やサプリやハーブが正しく使用されていれば副作用は問題にならないというのは全くの間違いなのです。
また、医薬品が正しく使用されていれば副作用が少なくなるというのは短絡的な表現であり誤解されやすい表現です。正しくは、「医師が正しく処方し、患者さんが正しく服用していれば、副作用は低く抑えられるかもしれません。」というのが正しいのです。
では、薬が間違って使用されたときにおこるのは副作用というのでしょうか。 ちょっと違いますよね。

ここで、副作用の本質についてまとめてみましょう。
・薬は本質的には生体にとっては異物である。
・薬には必ず有効性と副作用とが共存しそのバランスの上に有用性がある。
有用性、安全性、経済性などリスクベネフィットの概念から理解すべきである。
・薬が正しく使用されても起こりうるのが副作用である。
・薬が間違って使用されたときにおこるのは副作用というよりも薬本来の有害な作用によるものが多く、人為的なもので予防することができる。

また、薬のメーカー側の立場の人が医師や調剤薬局の薬剤師に対して、
「この医薬品の副作用にはこのようなものがありますから注意してください」というだけでは全く意味のある情報伝達になっていないのです。
ただしくは、
「このような患者さんの場合にはこのような副作用が発生する可能性があるかもしれません。」
「このような初期症状が現れたら重篤な副作用に展開する可能性があります。」
「この副作用の場合には、今までの経過から判断するとこのような処置をすればよいかもしれません。」
「投与を直ちに中止して様子を見てください。」
などの付加価値情報を積極的に臨床医や調剤薬局の薬剤師に提供すれば患者さんの治療にもプラスになるわけです。
それを忘れて、「この医薬品の副作用にはこのようなものがありますから注意してください」はないわけです。
そう、おわかりですね。
皆さんもそう思いませんか?

「食べて不老長寿−究極のthe elixir of lifeを求めて」のトップページ

<関連サイト>
→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ
→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
posted by くすりのとくさん at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外:薬やサプリの安全性と飲み合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マーガリンやアマニ油の安全性は?

非常に高濃度のα-リノレン酸を含有する食品のうち、リノール酸およびトランス脂肪酸を高濃度で含有するマーガリンなどの食品は、心疾患および心筋梗塞のリスクを増加させる可能性があるとされていますが、その作用はおそらくトランス脂肪酸に起因するものであって、α-リノレン酸に起因するものではないと考えられています。

一方、アマニ油は副作用が少ないとされていますが、30g/日以上の摂取で、軟便や下痢を起こすことがあります 。
アマニ油の医療目的での摂取は、短期間、適切に用いれば安全性が示唆されています。
授乳中の医療目的の使用については充分なデータがないので避けること。妊娠中の医療目的での使用は月経に影響を与える恐れがあるとされています。
40歳の女性が、ひとさじのアマニ油を摂取し、10分後にアナフィラキシー反応を呈したという報告があります。
脂肪は高カロリーなので摂り過ぎると太ります。


医薬品等との相互作用
アマニ油は血小板凝集を抑え、出血時間が延長する可能性があるため、抗凝結剤や抗血小板薬との併用、また出血傾向にある人は注意することとされています。アマニ油は臨床検査値のプロトロンビン時間影響を与える可能性があります 。
リノール酸の代わりにα-リノレン酸を食事として摂取すると、高血圧の人では血圧値が低下(改善)したりや高値の血中トリグリセリド濃度が低下することがあります。そのため、降圧剤や高脂血症治療剤を服用している場合は投与量の調整が必要な場合があります。

「食べて不老長寿−究極のthe elixir of lifeを求めて」のトップページ

<関連サイト>

→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ
→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
posted by くすりのとくさん at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外:薬やサプリの安全性と飲み合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リノール酸(必須脂肪酸)のとりすぎの弊害

リノール酸(必須脂肪酸)のとりすぎの弊害

現代人の食生活に油料理は欠かせないものとなっています。リノール酸は必須脂肪酸ですから食品からとらなくてはいけませんが、日常の食生活で十分過ぎるほど摂ることができます。炒め物、揚げ物、ドレッシング、マーガリン、それに加えて加工食品、外食食品にはたくさんのリノール酸が含まれています。

ひと昔前はリノール酸はコレステロールを下げ、健康にいいとされてきました。しかし、最近では、リノール酸は一時的にコレステロール値を下げますが、摂りすぎが持続していくと様々な弊害が出てくることがわかってきました。これが「リノール酸神話の崩壊」です。まさに生活習慣病の陰にリノール酸があったのです。

アラキドン酸はγ-リノレン酸とともにビタミンFと呼ばれる必須脂肪酸の1つです。
リノール酸を含む食品をとるとγ-リノレン酸、ジ・ホモ・γ-リノレン酸を経てアラキドン酸が生成されます。
肉食やリノール酸の過剰摂取によるアラキドン酸の増加は、生活習慣病を引き起こす原因になります。
このアラキドン酸には血液を固まりやすくする働きがあります。過剰のアラキドン酸から作られるプロスタグランディンE2は人間が本来持っている免疫機能を低下させるだけでなく、ガンを増殖させる作用を持つと言われています。
また、過剰のアラキドン酸から作られるロイコトリエンがアレルギー症状をより起こしやすくします。

以上のように、リノール酸(n-6系脂肪酸)とα−リノレン酸(n-3系脂肪酸)にはその働きに大きな違いがあります。
とくに過剰のアラキドン酸は過酸化脂質を発生させるだけでなく、血小板の凝集促進、アレルギー症状の増進などの良くない作用を引き起こすとされています。過剰摂取には気をつけましょう。
α−リノレン酸が豊富に含まれている油脂にしそ油があります。オリーブ油とともに推奨される油脂の1つです。 


「食べて不老長寿−究極のthe elixir of lifeを求めて」のトップページ

<関連サイト>
→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ
→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
posted by くすりのとくさん at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外:薬やサプリの安全性と飲み合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医薬品副作用被害救済制度は、先発医薬品、ジェネリック医薬品でもいいの?

医薬品副作用被害救済制度は、先発医薬品、ジェネリック医薬品のいずれにも適用されます。

医薬品副作用被害救済制度は、医薬品を適正に使用したのに、副作用によって入院が必要な程度の疾病や障害などの健康被害を受けた方に対して、医療費などの給付を行う制度です。
ただし、先発医薬品、ジェネリック医薬品にかかわらず、抗がん剤等はこの制度の対象とならない医薬品があります。
詳細は、医薬品医療機器総合機構のホームページでご案内しています。
医薬品副作用被害救済制度
















「食べて不老長寿−究極のthe elixir of lifeを求めて」のトップページ

<関連サイト>

→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ
→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
posted by くすりのとくさん at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外:薬やサプリの安全性と飲み合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。