Evidence Based Medicine(*EBM)

  (*EBM)医師個人の経験や慣習、偏りがちな権威者の意見などに左右されるのではなく、
 知りうる限りの疫学的研究成果や実証的・実用的な信頼できる根拠 (evidence)に基づき、
 患者にとにとって最良の、効果的かつ質の高い治療を行う医療。EBMとは医療を円滑に行う
 ための道具であり、医師や薬剤師にとってののぞましい行動指針のことを言います。

   →→医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報(1)
 

  食べて不老長寿
  文明が発達しヒトの生活が豊かになっても、病気を予防しさらに健康になりたいという気持ち
 は変わらないものです。

 「健康こそがこれから得るかもしれないどんな富よりも大切である」と思っているひとも
 いるでしょう。
 これからの時代は、どうすれば病気にならずにすみ、老化を少しでも遅らせることが
 できるかにかかっているのです。


 何を積極的に食べれば、老化やがんを少しでも防げるか、あるいは病気にならずにすむか。
 正しい食事とはいったい何だろう。何を食べて何を食べなければいいのかなど食事に対する
 疑問は山ほどありますがそれをビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、各種ファイトケミカル
 の立場から科学的に明解に説明したものは以外に少ないものです。 
 
 これらビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、各種ファイトケミカルなどの栄養素や
 サプリメント の効用を説明する生化学や薬理学をわかりやすく解説(説明)する解説書が
 ほとんど出ていないことも原因しています。

 ひとによってはわからないままに使っている。または、使い方が分からないので躊躇して
 しまっている。
 というのが現状のようです。


 そのような方への「道しるべ」 となる解説書を提供しょう。ご要望にお応えしょうというのが
 当ブログの趣旨なのです。

 「不老長寿
それは人類の究極の願いです。「食べて不老長寿ができればそれは最高
 にすばらしいことです。

 このブロブから究極のthe elixir of life(不老長寿の宝物を探しだしてください。 

 お薦め関連サイト→ EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報 

ファン

2010年10月03日

ワルファリン服用患者はは納豆、青汁は食べれないの?


ワルファリン(ワーファリン)を飲んでいるひとは、納豆、クロレラ、青汁は食べてはいけません。納豆、クロレラ、青汁に含まれるビタミンKがワルファリン(ワーファリン)の抗血栓効果を減弱させるからです。抗血栓効果が減弱すると血栓が出来やすくなります。心房細動の患者さんは脳梗塞を起こす可能性がありますので要注意です。

ビタミンKは
、1929年にデンマークのダムによって、血液を正常に凝固させるための必須物質として発見されました。
ビタミンKの名前の由来も、オランダ語の「凝固(koagulation)」の頭文字からきています。
出血時に血が自然に止まるのは、体内に血液を凝固させる物質があるためで、その血液を凝固させる物質のひとつであるたんぱく質(プロトロンビンなど)を生成する補酵素として働くのが、ビタミンKです。

ビタミンKにはいろいろな種類があり、そのなかで自然界に存在するのはK1とK2の2種類です。K1はおもに植物の葉緑体で作られるため、ほうれん草などの緑色の濃い野菜や海草などに多く含まれます。
また同じ野菜でも、日に良く当たる外側の葉のほうが、内側よりもビタミンKが多く含まれます。K2はおもに微生物によって作られるため、発酵食品である納豆などに多く含まれます。またビタミンK2は腸内細菌によっても合成されます。また、体内でK1はK2に変換して働くともいわれK2の方が即効的で効力も1.5倍強いとされています。


抗凝固薬ワルファリン(製品名:ワーファリン)を使用している患者ではワーファリンの作用に薬理学的に拮抗しますのでビタミンKが多く含まれる「納豆」、「青汁」、「クロレラ」は使用を避ける必要があります。
一方、ホウレンソウやブロッコリーなどの緑物野菜もビタミンKを含みますが、普通に食べる回数・量ではほとんど問題になりませんが、多く食べすぎないことが大事です。
ワルファリンを服用されている場合は医師、薬剤師にはワルファリンを飲んでいることを必ずお伝えすることが大事になります。


ワルファリン(製品名:ワーファリン)を飲んでいないひとはビタミンKを服用しても全く問題ありません。むしろ、止血に必要な凝固因子(プロトロンビンなど)を生成するので大事なビタミンです。さらに骨を丈夫にする作用もあります。

(参考)
このビタミンKには、骨を丈夫に保つ働きもあります。
骨に含まれるたんぱく質の中で最も多いのが、ビタミンCと関係するコラーゲンですが、その次に多いのがビタミンKが合成に関わるたんぱく質オステオカルシンです。

オステオカルシンはカルシウムが骨に沈着するときに必要な物質で、ビタミンKはそのオステオカルシンの生成に関与することでカルシウムの骨への沈着を促します。

これ以外にもビタミンKにはカルシウムが骨から流出するのを抑える働き、骨の石灰化への手助けなどがあり、複合的に骨を丈夫にするために働きます。

ビタミンKが不足すると、骨に十分にカルシウムが取り込めなくなり、細くもろい骨になってしまいます。このためビタミンKは骨粗鬆症の予防に有効です。またカルシウムの取り込みとは逆に、動脈や腎臓などでは、カルシウムの沈着を防ぐ働きがビタミンKにはあります。
posted by くすりのとくさん at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 番外:薬やサプリの安全性と飲み合わせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。