Evidence Based Medicine(*EBM)

  (*EBM)医師個人の経験や慣習、偏りがちな権威者の意見などに左右されるのではなく、
 知りうる限りの疫学的研究成果や実証的・実用的な信頼できる根拠 (evidence)に基づき、
 患者にとにとって最良の、効果的かつ質の高い治療を行う医療。EBMとは医療を円滑に行う
 ための道具であり、医師や薬剤師にとってののぞましい行動指針のことを言います。

   →→医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報(1)
 

  食べて不老長寿
  文明が発達しヒトの生活が豊かになっても、病気を予防しさらに健康になりたいという気持ち
 は変わらないものです。

 「健康こそがこれから得るかもしれないどんな富よりも大切である」と思っているひとも
 いるでしょう。
 これからの時代は、どうすれば病気にならずにすみ、老化を少しでも遅らせることが
 できるかにかかっているのです。


 何を積極的に食べれば、老化やがんを少しでも防げるか、あるいは病気にならずにすむか。
 正しい食事とはいったい何だろう。何を食べて何を食べなければいいのかなど食事に対する
 疑問は山ほどありますがそれをビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、各種ファイトケミカル
 の立場から科学的に明解に説明したものは以外に少ないものです。 
 
 これらビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、各種ファイトケミカルなどの栄養素や
 サプリメント の効用を説明する生化学や薬理学をわかりやすく解説(説明)する解説書が
 ほとんど出ていないことも原因しています。

 ひとによってはわからないままに使っている。または、使い方が分からないので躊躇して
 しまっている。
 というのが現状のようです。


 そのような方への「道しるべ」 となる解説書を提供しょう。ご要望にお応えしょうというのが
 当ブログの趣旨なのです。

 「不老長寿
それは人類の究極の願いです。「食べて不老長寿ができればそれは最高
 にすばらしいことです。

 このブロブから究極のthe elixir of life(不老長寿の宝物を探しだしてください。 

 お薦め関連サイト→ EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報 

ファン

2010年09月26日

アルツハイマー型認知症はどうやって予防する?

ボケない人生を送るために!

増え続ける高齢者の数。日本はすでに高齢化社会に突入しています。アルツハイマー病を未然に防ぐことが大事な時代がきています。アルツハイマー病の急激な増加は日本だけではありません。世界的な大問題です。

世界中で認知症患者が激増中!
60歳以上の認知症の患者数は全世界で増加傾向です。
2,430万人(2006年)→ 8,110万人(2020年)の見込み
発展途上国が71.2%を占める。特に中国、インド、南アジアでの認知症患者の増加が顕著。とくに中国では時限爆弾を抱えています。
598万人(2006年)→2,240万人(2040年)推定
(マーチン J. プリンス The Lancet)

ということは、これからは予防が大事な時代がきています。ボケない生活習慣=メリハリのある生活習慣です。


今や認知症(ボケ)は生活習慣病ではないかといわれています。
真面目な人ほどボケやすい。
几帳面な人は間違いなくボケる。

どうやってボケを予防するかが今や日本の緊急課題となっています。
生活習慣の改善で認知症が予防できるなら同時に肥満も治るかもしれません。

まずは認知症の症状をみきわめましょう
認知症の症状には次のようなものがありますが、通常の生理的な物忘れの症状としっかり区別しましょう。
昨日や今日あった体験や出来事を丸ごと忘れてしまう (じっくり考えれば思い出せるのは生理的な物忘れです)
物忘れがどんどんひどくなり進行している
物忘れを本人が自覚していない
時間をかけても思い出せない
計算間違いが多い
時間や曜日の感覚が希薄
ぼんやりしていることが多く、無表情で無感覚になった
相手の話を聞かない
疑い深く、同じことを何度も繰り返して話す


ボケは進行性の病気です。だから怖い。
ボケのサインにいかに早く気づくかまた、進行を早めに止めることが大事になってきます。
隠れボケをできるだけ早く発見することも大事になってきます。


接するときは
やさしく接する。決して怒ったり、どなったりしない。
家族の対応如何で進行は防げる。
ただし、介護する場合は決してひとりで引き受けてはいけません。


楽しくボケ防止
朝のウォーキング
とにかく歩く、楽しく歩く、好奇心を持って歩くことです。
趣味と旅行と写真撮影
アウトドアスポーツ(テニス、ゴルフ、スキー、スキューバーダイビング、スカイスポーツ、フィッシングなんでもOK)
アウトドアクッキング
サークル活動(写真、陶芸、料理、音楽、園芸、演劇、絵画、カラオケ、社交ダンスなど)
ボランティア活動
ただし、いつまでもつづけられる趣味がいいとされています。老いて出来なくなる趣味はいずれ寂しくなります。


認知症の種類
脳血管性認知症
血管の動脈硬化などにより脳細胞が壊死することで、記憶障害や認知障害などを起こす病気です。

アルツハイマー型認知症(老人性痴呆症)
脳細胞が変性したり消失した結果、脳に変化(萎縮)が起こり神経細胞、記憶中枢に障害がおこる。
記憶障害、失見当識、失語、徘徊、妄想などで人格が変質する。
65歳以上の高齢者に多く見られ、原因は不明で、神経細胞の数が急激に減ることで、脳が萎縮するなどの変化が起きる病気です。
レビー小体型認知症

前頭・側頭葉型認知症

その他
認知症の症状と似た症状を示す病気には、甲状腺機能低下症、慢性心不全、ビタミンB12欠乏症、うつ病などがあります。これらの病気は原因の治療によって改善します。


ボケを生じさせる遺伝子
アミロイド前駆体たんぱく質(APP)の遺伝子
プレセニン(PS)の遺伝子
アポたんぱくE遺伝子


アルツハイマー型認知症の検査
認知症検査の項目
認知症検査には長谷川式簡易知能評価スケールなどさまざまな問診票が考案されており、早期発見と診断の補助としています。
頭部CT : 頭部にX線を当てて、詳しい断層画像を見ながら脳内の血管の状態や腫瘍の有無などを調べる検査です
頭部MRI: 脳梗塞や脳血管の異常の有無を確認したり、脳の萎縮の程度や障害の部位、大きさを調べます

ベータアミロイド(Aβ)の脳内蓄積
APL1β28・・・・脳脊髄液に存在するのでこれを測定
画像診断
CT,MRI:脳の萎縮度合を調べる
SPECT:脳の血流量を測定


認知症判定テスト
長谷川式認知症(問診)テスト=長谷川式簡易知能評価スケール
時計テスト
立体図テスト


どういう習慣がボケないか
前頭葉や側頭葉に血流が多量に流れていればボケません。
何かに夢中になっているとき
小説やマンガを夢中で読んでいるとき
ゲームに夢中になっているとき
熱烈な応援をしているとき
旅行プランを練っているとき
熟年恋愛・・ときめいているとき
日記をつけているとき
日記をつけることは、前日起こった記憶を呼び起こすために側頭葉に血流が多量に流れてこむ。
散歩をしているとき
前頭葉や側頭葉の両方に血流が増加。
週3回以上の散歩


ボケやすい危険な性格とは?
几帳面
真面目   
頑固
ネクラ、陰険
無愛想
ストレスをため込む

・・・・・・・
ボケにくい性格
なんとかなるさ
友達が多い
ロマンチスト
色気を忘れない
恋多き
マージャン、ギャンブル好き
おおらか


アルツハーマー型認知症になりやすい人
長年の消極的な知的生活および貧しい精神生活が認知症を招く。
長年「大過なく、つつがなく」きたひとは危ない。言い換えると、「刺激のない」、「頭を使わない」サラリーマン生活を送ってきたひとはボケる。
定年後のアル中はボケる。
アルコール依存による認知症が激増。
アルコールの大量飲酒は脳萎縮を招きやすい。
家に閉じこもりはボケる。
配偶者を亡くした夫や妻はボケやすい。
依存性の高い方がボケやすい。


大事な家庭環境
いい嫁は姑(しゅうと)をボケさせる。
気を利かして何もさせないと姑はボケてくる。
親孝行は本人のいきがいを消失させることがある。
夫は妻を失うとボケる。
マンションより一戸建て?
田舎の静かなところで暮らすとボケる?



強い好奇心が身を救う
やりたいことは、定年を待たずにはじめる。
すでに定年の人は今からでも新しいことを始める。

「何でも見てやろう。」
「何でもやってやろう。」という精神で!


ボケの改善薬
アリセプト(塩酸ドネペジル)があります。
国内で唯一アルツハイマー型認知症に承認されている薬です。
脳のコリン作動性神経系を選択的に亢進させる薬でアルツハイマー型認知症、混合型、レビー小体型、MIC(mild cognitive impairment アルツハイマー型認知症の前駆期・初期の症状)にいいとされていますが、承認された効能・効果はアルツハイマー型認知症のみです。

MCI: 現時点では認知症でも正常でもなく、近い将来アルツハイマー型認知症へと進行する可能性の高い疾患です。 MICと診断された人の1割程度が1年以内に、最終的には約半数がアルツハイマー型認知症へと進行するといわれています。したがってMCIは、早期のアルツハイマー型認知症を意味すると考えられています。MICの具体的な症状は以下のような症状です。けっこう見受けられますので要注意です。
1.自覚的な記憶障害の訴えがあり、家族によってそれが確認される。
2.運転や家計などの日常生活能力は保たれている。
3.記憶以外の全般的な認知機能は正常
4.年齢に比し記憶力が低下している。

アルツハイマー型認知症の記憶障害については、本人による訴えよりもむしろ家族の評価が当てになることが多く、例えば家族によって無理に受診させられた人では、かたくなに物忘れを否定しがちです。逆に能力の高い高齢者では記憶力の低下を嘆きがちです。

イチョウの葉エキス 

抑肝散・・・睡眠障害、幻視、妄想、徘徊、暴力などの周辺症状にいいとされます。

ペルマック・・・パーキンソン病の歩行障害


ボケやすい職業
専業主婦
元公務員
元学校の教師
サラリーマン事務職
平穏無事、同じことの繰り返し(単調)、創造性の欠如、杓子定規、競争なし、刺激少なし、人づき合いなし


ボケにくい職業
政治家:意欲、権力欲、野望、名誉欲
スポーツ選手
芸術家(画家、彫刻家、美術の先生ほか)
営業マン(企画、立案、交渉、説得・・・)


お薦めの予防策
ぶらり旅のすすめ。
クッキングのすすめ。
アウトドアクッキング
ホームパーティ


いきがいをもつ
いきがいのある人生
いきがいを感じる人生
人が喜んでくれることをする


認知症の予防
認知症の予防には、以下のような生活習慣を配慮するように心がけましょう。
好奇心を失わずに、物事に関心を持つ
手先を動かして脳に刺激を与える
趣味を持つ
おしゃれをする
睡眠時間をしっかりとって脳を休ませる
異性を意識する
ストレスを感じすぎずにのんびりとマイペースを心がける
適度な運動をする


以上です。参考になりましたか?


「食べて不老長寿−究極のthe elixir of lifeを求めて」のトップページ

<関連サイト>
→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ
→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
posted by くすりのとくさん at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症(アルツハイマー型認知症) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163820891

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。