Evidence Based Medicine(*EBM)

  (*EBM)医師個人の経験や慣習、偏りがちな権威者の意見などに左右されるのではなく、
 知りうる限りの疫学的研究成果や実証的・実用的な信頼できる根拠 (evidence)に基づき、
 患者にとにとって最良の、効果的かつ質の高い治療を行う医療。EBMとは医療を円滑に行う
 ための道具であり、医師や薬剤師にとってののぞましい行動指針のことを言います。

   →→医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報(1)
 

  食べて不老長寿
  文明が発達しヒトの生活が豊かになっても、病気を予防しさらに健康になりたいという気持ち
 は変わらないものです。

 「健康こそがこれから得るかもしれないどんな富よりも大切である」と思っているひとも
 いるでしょう。
 これからの時代は、どうすれば病気にならずにすみ、老化を少しでも遅らせることが
 できるかにかかっているのです。


 何を積極的に食べれば、老化やがんを少しでも防げるか、あるいは病気にならずにすむか。
 正しい食事とはいったい何だろう。何を食べて何を食べなければいいのかなど食事に対する
 疑問は山ほどありますがそれをビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、各種ファイトケミカル
 の立場から科学的に明解に説明したものは以外に少ないものです。 
 
 これらビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、各種ファイトケミカルなどの栄養素や
 サプリメント の効用を説明する生化学や薬理学をわかりやすく解説(説明)する解説書が
 ほとんど出ていないことも原因しています。

 ひとによってはわからないままに使っている。または、使い方が分からないので躊躇して
 しまっている。
 というのが現状のようです。


 そのような方への「道しるべ」 となる解説書を提供しょう。ご要望にお応えしょうというのが
 当ブログの趣旨なのです。

 「不老長寿
それは人類の究極の願いです。「食べて不老長寿ができればそれは最高
 にすばらしいことです。

 このブロブから究極のthe elixir of life(不老長寿の宝物を探しだしてください。 

 お薦め関連サイト→ EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報 

ファン

2010年09月25日

イノシトール:抗脂肪肝ビタミン

イノシトール (抗脂肪肝ビタミンとも呼ばれるビタミンB群の1つ)

イノシトールはイノシットとも呼ばれている水溶性のビタミン様物質です。植物中では遊離型のイノシトール又はそのリン酸エステル体(フィチン酸)として存在しています。
一方、動物体内ではイノシトールまたはイノシトールリン酸の形で存在しています。一般に食品添加物(強化剤)として利用されています。
俗に、「脂肪肝や動脈硬化を予防する」、「脳細胞に栄養を与える」などといわれています。 ヒトでの有効性については、多嚢胞性卵巣症候群の治療に経口摂取で有効性が示唆されています。

適切に経口摂取する場合は安全性が示唆されていますが、妊娠中・授乳中の安全性については充分なデータがないので使用は避けることが望まれます。
 (1)肝臓での余分な脂肪やコレステロールの蓄積を予防します。
脂肪やコレステロールの流れをスムーズにして、これらが肝臓や動脈に付着するのを予防します。とくに肝臓に脂肪がたまりすぎないよういするため「抗脂肪肝ビタミン」と呼ばれています。医療の現場でも脂肪肝・肝硬変等の予防・治療薬に使われています。

(2)リン資質(フォスファチジルイノソトール)の構成成分です。
 
(3)体内ではグルコースから合成されます。 医薬品等との相互作用・ フィチン酸(イノシトール六リン酸)はミネラル、特にカルシウム、亜鉛、鉄の吸収を妨げることが考えられます。

イノシトールを多く含む食品柑橘類 豆類、小麦胚芽

good! これが一番のお薦めです! 脂肪肝は健康診断で超音波検査をするとすぐわかります。また、GOT,GPTがすこしづつ上がってきます。医師に指摘されたら体重を減らしながらイノシトールを摂っていけば健康体にもどります。この商品はお薦めです。
イノシトール750mg【HBWサプリメント】イノシトール750mg
1,980円

生活習慣が気になる方 脂肪肝の方は
 
Ads by 電脳卸
使用方法
健康補助食品として1日1カプセルを目安にお召し上がりください。
成分イノシトール 750rその他の成分 セルロース、ステアリン酸マグネシウム(植物由来)、二酸化ケイ素、カプセルはハイドロキシプロピルメチルセルロースを含みます。
 注意
・ 涼しい直射日光が当たらないところで保管してください。
・ お子様の手の届かないところに保管してください。・ 妊娠、授乳中の方はご使用をおやめ下さい。
・ 既往症をお持ちの方は医師に相談の上ご使用下さい。・ あくまで食品ですので、個人差がございます。



「食べて不老長寿−究極のthe elixir of lifeを求めて」のトップページ

<関連サイト>
→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ
→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
posted by くすりのとくさん at 09:48| Comment(0) | 肝疾患(肝機能低下、脂肪肝、肝炎、肝硬変) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。