Evidence Based Medicine(*EBM)

  (*EBM)医師個人の経験や慣習、偏りがちな権威者の意見などに左右されるのではなく、
 知りうる限りの疫学的研究成果や実証的・実用的な信頼できる根拠 (evidence)に基づき、
 患者にとにとって最良の、効果的かつ質の高い治療を行う医療。EBMとは医療を円滑に行う
 ための道具であり、医師や薬剤師にとってののぞましい行動指針のことを言います。

   →→医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報(1)
 

  食べて不老長寿
  文明が発達しヒトの生活が豊かになっても、病気を予防しさらに健康になりたいという気持ち
 は変わらないものです。

 「健康こそがこれから得るかもしれないどんな富よりも大切である」と思っているひとも
 いるでしょう。
 これからの時代は、どうすれば病気にならずにすみ、老化を少しでも遅らせることが
 できるかにかかっているのです。


 何を積極的に食べれば、老化やがんを少しでも防げるか、あるいは病気にならずにすむか。
 正しい食事とはいったい何だろう。何を食べて何を食べなければいいのかなど食事に対する
 疑問は山ほどありますがそれをビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、各種ファイトケミカル
 の立場から科学的に明解に説明したものは以外に少ないものです。 
 
 これらビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、各種ファイトケミカルなどの栄養素や
 サプリメント の効用を説明する生化学や薬理学をわかりやすく解説(説明)する解説書が
 ほとんど出ていないことも原因しています。

 ひとによってはわからないままに使っている。または、使い方が分からないので躊躇して
 しまっている。
 というのが現状のようです。


 そのような方への「道しるべ」 となる解説書を提供しょう。ご要望にお応えしょうというのが
 当ブログの趣旨なのです。

 「不老長寿
それは人類の究極の願いです。「食べて不老長寿ができればそれは最高
 にすばらしいことです。

 このブロブから究極のthe elixir of life(不老長寿の宝物を探しだしてください。 

 お薦め関連サイト→ EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報 

ファン

2010年09月25日

(改訂)アルツハイマー型認知症にいいサプリメントは?

物忘れや記憶力の低下がみられるアルツハイマー型認知症に何かいいサプリはないの?
よくある質問ですが、難しい質問でもあります。

アルツハイマー型認知症の治療薬
ところでアルツハイマー型認知症に対して臨床試験にて薬効が証明され正式に厚生労働省より認可をとって販売しているのは、現在のところ医薬品のアリセプト(塩酸ドネペジル)のみです。

このアリセプトは、日本の大手製薬メーカ(エーザイ)が開発したものですが、欧米でもその有用性が証明され処方用医薬品として世界中で許可されており、アルツハイマー型認知症治療剤としては最も有名かつ、最も世界中で繁用されている薬剤です。軽度から高度のアルツハイマー型認知症に用量を変えて使用することができます。

物忘れや記憶力の低下などの領域ではこのアリセプト(塩酸ドネペジル)が圧倒的に有名です。
その他の処方薬では、国内では認知症の周辺症状に使われる漢方薬として「抑肝散」があります。この漢方薬はアルツハイマー型認知症には承認されていませんが認知症の周辺症状、すなわち、興奮しやすい、怒りっぽい、いらいら、眠れないなどの周辺症状の改善に期待されて使用されています。

アルツハイマー型認知症の予防薬
アルツハイマー型認知症の治療薬は、アリセプト(塩酸ドネペジル)に限定されますが、予防としての服用であれ、サプリやハーブなどの出番があります。
治療効果を期待するのではなく、アルツハイマー型認知症にならないようにするためのものです。

DHA →詳細ページを開く
DHAは、炭素数が22、不飽和結合が6のn-3系の直鎖の多価不飽和脂肪酸で、EPA(エイコサペンタエン酸)と同様、主に魚に含まれる必須脂肪酸の一つです。
生体内では脳や神経組織、精子などに多く存在し、俗に「動脈硬化、高脂血症、認知症等の予防や改善によい」、「アトピー、アレルギー等によい」、「脳の発達によい」、「がんの発生や転移に効果がある」などといわれています。
ヒトでの有効性については、冠状動脈疾患に対して有効性が示唆されています。「中性脂肪が気になる方の食品」という表示で、DHAを関与成分とした特定保健用食品が許可されています。

とくに脳・神経に対して
・DHAは、脳をはじめとする神経組織に多く含まれ、それらの発育や機能維持に重要な役割を果たす事が報告されています。また、DHAやアラキドン酸はα−リノレン酸やリノール酸より、20倍速く生体組織の脂質に組み込まれるとの報告があります。
・加齢黄斑変性の予防に経口摂取で有効性が示唆されています。
・平均年齢76±5歳の高齢者男女899名を対象とした、平均9.1年間(最長16年間)の前向き追跡研究において、血漿中DHAなどの濃度を測定した結果、血漿中DHA濃度が高い人では認知症の発生率が低かったという報告があります。

以上のことから、DHA(ドコサヘキサン酸)が認知症に効きそうな可能性はありますが、アルツハイマー型認知症を含めて十分なエビデンスはまだまだ不足しているようです。予防にはよさそうです。

γ-アミノ酪酸(ギャバ)
1)脳に存在する抑制性の神経伝達物質です。
アミノ酸の一種で、主な効能は脳や脊髄に多く存在する神経伝達物質として働く生理作用です。
GABAが脳内に十分にあると、脳の血流を改善して酸素供給量が増加し、脳細胞の代謝機能を促進させます。
この働きのため、すでに脳卒中後遺症や肝機能改善のために医療の現場で用いられています。

(2)脳の血流を促進し、脳細胞を活性化させる。
脳の血流を促進し脳血管性痴呆の予防や睡眠障害、うつ症状にも改善効果が認められています。

(3)血圧低下作用があります。
血圧降下作用があり、高血圧を改善する成分として注目されるなど、GABAについての研究は今も進んでおり、その生理機能に多くの期待が寄せられている。

(4)更年期障害や自律神経障害に有効です。
更年期障害や自律神経障害に見られる怒りっぽい、イライラ、不眠、不定愁訴などを緩和する働きもあることがわかっています。

イチョウ葉エキス(ギンコライド) →詳細ページを開く
イチョウは“生きている化石”と言われるように、とても生命力の強い植物であることが広く知られています。イチョウ葉に含まれるフラボノイドは毛細血管を丈夫にし、冷え症や肩コリ、肌の老化を防ぐ働きがあります。また、イチョウ葉エキスは欧米ではブレインフードとして販売されています。
(1)活性酸素から脳細胞を守り、記憶力、集中力をたかめる作用があります。
脳血管性痴呆症やアルツハイマー型認知症にも広く用いられます。
(2)末梢血管の血流を促進する作用があります。
末梢血管の血行を良くする作用があります。
(3)血小板の凝集抑制作用があります。

ピクノジェノール →商品紹介ページを開く
 ピクノジェノールは、フランスの南西部からスペイン国境にかけての大西洋沿岸に生育する「フランス海岸松」の樹皮から抽出された天然の抗酸化物質フラボノイドの集合体です。強い抗酸化作用をもつため動脈硬化や潰瘍、生活習慣病など、活性酸素が原因で起こる病気に効果があると期待されています。
(1)フランスの海岸の松の樹脂に含まれる成分です。

(2)強い抗酸化作用があります。

(3)脳のBBBを通過できるため、脳の血管や神経細胞を酸化から予防できます。そのため脳血管障害や痴呆症を防ぐ効果が期待されます。

(4)抗ヒスタミン作用があるので、花粉症、アトピー性皮膚炎などアレルギー症状に有効です。

(5)コラーゲンの生成を促進し、肌の弾力を保ちます。
コラーゲン生成を促し肌の弾力を保つ作用があるため、「しわ予防の飲む化粧品」と言われています。
   サプリメント(フランスの海岸の松の樹脂成分)


レシチン(リン脂質の一種:フォスファチジルコリン)  → 商品紹介ページを開く
(1)脳細胞や神経細胞を活性化し、記憶力や集中力を高めます
レシチンは自律神経(副交感神経)の働きに欠かせない神経伝達物質のアセチルコリンの成分です。脳における記憶力などにも大きな影響を与えています。

(2)脂肪の代謝に関与し、血液中の余分なコレステロールを減らします。
レシチンには血管にこびりついたコレステロールを溶かす作用があります。大豆のほか、卵黄にも含まれている成分で脂肪の代謝に深く関わっています。

その特長は、油の分子をこまかくして水と混ざりやすくする乳化作用です。血液中の余分なコレステロールや中性脂肪を減らすように働き、また、身体が脂肪を必要としているときは吸収を助ける調整役をしています。
このため、血液中の中性脂肪や総コレステロールを低下させます。また、コレステロールの調整ができることによって、動脈硬化を予防する働きも期待されています。

(3)肝臓に運んで排出を促進します。
レシチンは、肝機能の改善にも一役買っています。レシチンは細胞膜を作り出す要素として身体中の細胞を支える役目をしていますが、肝臓の細胞膜もレシチンによって保護されています。

また、細胞膜の傷みの回復を助け、働きをよくしたり、細胞内の酵素の活性を維持するようにも働いてくれます。お酒を飲む人にうれしい働きをします。

レシチンを多く含む食品
大豆、卵黄、精白米、ピーナッツ、酵母


コエンザイムQ10(CQ10)
アメリカのカンサス大学(Scool of Medicine,University of Kansas) のDr.Russell H. Swerdlowらはミトコンドリアカスケード仮説を発表しました。
これによりますと、加齢によりミトコンドリア機能の低下がおこるとそれがある閾値に達するとアルツハイマー型認知症に見られる認知機能の低下がおこるのではないかというものです。

本仮説が正しければ、アミロイドβの抑制よりもミトコンドリア機能を通じた脳の老化の抑制や回復こそが、加齢による晩発性のアルツハイマー型認知症の予防や治療には有効となる可能性があります。

コエンザイムQ10(CQ10)は細胞内のミトコンドリアにおいてエレルギー源(ATPなど)の産生に関与する重要な補酵素ですが、このコエンザイムQ10がアルハイマー型認知症に効くかもしれないことを裏付ける報告は今までにいくつかあります。→詳細ページを開く


>「食べて不老長寿−究極のthe elixir of lifeを求めて」のトップページ

<関連サイト>
→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ
→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
posted by くすりのとくさん at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症(アルツハイマー型認知症) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163658542

この記事へのトラックバック