Evidence Based Medicine(*EBM)

  (*EBM)医師個人の経験や慣習、偏りがちな権威者の意見などに左右されるのではなく、
 知りうる限りの疫学的研究成果や実証的・実用的な信頼できる根拠 (evidence)に基づき、
 患者にとにとって最良の、効果的かつ質の高い治療を行う医療。EBMとは医療を円滑に行う
 ための道具であり、医師や薬剤師にとってののぞましい行動指針のことを言います。

   →→医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報(1)
 

  食べて不老長寿
  文明が発達しヒトの生活が豊かになっても、病気を予防しさらに健康になりたいという気持ち
 は変わらないものです。

 「健康こそがこれから得るかもしれないどんな富よりも大切である」と思っているひとも
 いるでしょう。
 これからの時代は、どうすれば病気にならずにすみ、老化を少しでも遅らせることが
 できるかにかかっているのです。


 何を積極的に食べれば、老化やがんを少しでも防げるか、あるいは病気にならずにすむか。
 正しい食事とはいったい何だろう。何を食べて何を食べなければいいのかなど食事に対する
 疑問は山ほどありますがそれをビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、各種ファイトケミカル
 の立場から科学的に明解に説明したものは以外に少ないものです。 
 
 これらビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、各種ファイトケミカルなどの栄養素や
 サプリメント の効用を説明する生化学や薬理学をわかりやすく解説(説明)する解説書が
 ほとんど出ていないことも原因しています。

 ひとによってはわからないままに使っている。または、使い方が分からないので躊躇して
 しまっている。
 というのが現状のようです。


 そのような方への「道しるべ」 となる解説書を提供しょう。ご要望にお応えしょうというのが
 当ブログの趣旨なのです。

 「不老長寿
それは人類の究極の願いです。「食べて不老長寿ができればそれは最高
 にすばらしいことです。

 このブロブから究極のthe elixir of life(不老長寿の宝物を探しだしてください。 

 お薦め関連サイト→ EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報 

ファン

2010年09月28日

老化の予防の栄養物質(一覧)

[ビタミン] →→ビタミンの詳細ページを開く
1.ビタミンA(カロチノイド)
1)β-カロチン:吸収されるとビタミンAになるプロビタミン(カロチノイド)
2)リコピン(カロチノイド)
3)カプサンチン(カロチノイド)
2.ビタミンB2
3.ビタミンB6
4.ナイアシン(ニコチン酸、ニコチンアミド)
5.ビタミンC
6.ビタミンE
7. ビタミンQ(コエンザイムQ10)→CoQ10+セサミンE(コエンザイムQ)DHC Q10トライアルキット
コエンザイムCOQ10
8.イノシトール (抗脂肪肝ビタミン)
9.オロット酸(ビタミンB13)
10.パンガミン酸(ビタミンB15)



[ミネラル]  →→ミネラルの詳細ページを開く
1.カリウム
2.マグネシウム:(カルシウムとバランス)
3.ゲルマニウム
4.セレン
5.バナジウム
6.クロム


[脂質・脂肪酸] →→脂質・脂肪酸の詳細ページを開く
1.オレイン酸 (1価不飽和脂肪酸)n-9系列
1)パルミトオレイン酸
2.α-リノレン酸 (多価不飽和脂肪酸)、 n-3系列→リノレン酸
1)EPA(エイコサペンタエン酸)→ EPA2)DHA(ドコサヘキサエン酸)


[食物繊維] →→食物繊維の詳細ページを開
A.水溶性食物繊維
1.ペクチン (水溶性および不溶性食物繊維)
2.ゴマリグナン類 (セサミン) (水溶性食物繊維、ファイトケミカル)
3.アルギン酸(海藻のヌルヌル成分 水溶性食物繊維)
4.フコイダン(海藻のヌルヌル成分 水溶性食物繊維)


B.不水溶性食物繊維
1.リグニン (不水溶性食物繊維)
2.グルカン(きのこ多糖類 不溶性食物繊維)
1)β-グルカン→徐福伝説(黒酵母βグルカン・SOD様成分・キチンキトサンのトリプルパワー)
2)グルカンMD-フラクション
3)グルカンX-フラクション

C.その他の食物繊維
1.キチン・キトサン(DHC、FANCLほか)→キトサン


[アミノ酸] →→アミノ酸の詳細ページを開<
1.グリシン(非必須アミノ酸)
2.グルタチオン(3つのアミノ酸が結合したトリペプチド)
3.カルニチン(非必須アミノ酸)→カルニチン
L−カルニチンが驚きの価格!
4.ヴァーム(17種のアミノ酸)
5.スレオニン(脂肪肝予防必須アミノ酸)
6.タウリン(含硫アミノ酸)
7.ラミニン(糖タンパク質)
8.レシチン(リン脂質の一種:フォスファチジルコリン)


[ファイトケミカル(ユリ科野菜):植物由来の抗酸化栄養素] →→ファイトケミカルの詳細ページを開<
A.カロチノイド系ファイトケミカル
1.β-カロチン(吸収されるとビタミンA)プロビタミン A オレンジ
2.リコピン(カロチノイド) 赤色
3.β-クリプトキサンチン(キサントフィルカロチノイド)
4.カプサンチン(カロチノイド) 赤色
5.ルテインとゼアキサンチン(キサントフィルカロチノイド)→ルテイン

B.イオウ系ファイトケミカル(刺激臭成分)
1.硫化アリル、アリシン、ジアリルスルフィド
2.硫化プロプル、サイクロアリイン
3.セパエン
4.スコルジン
5.シクロアリイン(加熱すると増える無味無臭の成分)
6.チオスルフィネート(玉ねぎの催涙成分)
7.S-メチルシスティンスルホキサイド

C.フラボノイド(ファイトケミカル 黄色系色素)
1.ポリフェノール類(DHC)
1)アントシアニン→ブルーベリー
2)ウーロン茶ポリフェノール
3)エラグ酸
4)フェルラ酸
5)クロロゲン酸
2.フラボノール類
1)ケルセチン(フラボノール)
2)ルチン(フラボノール)
3.フラバノン類
1)ヘスペリジン
4.カテキン類(カテキン、エピガロカテキン、エピガロカテキンガレート)
5.タンニン類
1)テアフラビンとテアルビジン(紅茶の赤い色素)
  2)ロズマリン酸
D.サポニン類(ファインケミカル)
E.テルペン類(ファインケミカル)
F.ゴマリグナン類 (別名:セサミン) (水溶性食物繊維、ファイトケミカル)→
セサミン配合
G.ビタミンQ(コエンザイムQ ファインケミカル)→CoQ10+セサミンE(コエンザイムQ)
I.その他のファイトケミカル
1.エリオシトリン(フラボノイド系)
2.ブチルフタリド
3.クルクミン(ウコンの成分)→ウコン
4.β-カルボリン化合物ほか(漬け物の色素)
5.グアシニン
6.スコルジン
7.エリタデニン
8.キナ酸
9.テオブロミン
10.カプサイシン
11.シャンピニオン
12.D-グルカレイト
13.シネフリン
14.ギムネマ酸→ギムネマ
15.OPC(オリゴプロアントシアニディン)
16.ギンコライド→
イチョウ葉
17.ピクノジェノール
18. ガルシニアカンボジア
19. バナバ
20.アスタキサンチン→アスタキサンチン配合


[その他の栄養成分] →→その他の栄養成分の詳細ページを開く
1.クエン酸→クエン酸
2.γ-アミノ酪酸(GABA)→ギャバ
3.メラノイジン
4.プロポリス
体内に吸収しやすい自然な状態で原料をそのまま包み込み、胃にやさしく飲みやすいソフトカプセル。液状タイプが苦手な方におすすめ!毎日の健康維持にお役立て下さい。 [プロポバイオ(ソフトカプセル)270粒入]


【美心】プロポリススーパーエキストラ 10ml×6本!ブラジル産プロポリス☆品質も濃度も最高級!【美心生活 stmx (美容・健康・ダイエット・生活用品総合ショッピングサイト)】


「食べて不老長寿−究極のthe elixir of lifeを求めて」のトップページ

<関連サイト>

→「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ
→「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ
→「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ
→「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ
→「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ
→「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
posted by くすりのとくさん at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 予防と健康全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163658412

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。