Evidence Based Medicine(*EBM)

  (*EBM)医師個人の経験や慣習、偏りがちな権威者の意見などに左右されるのではなく、
 知りうる限りの疫学的研究成果や実証的・実用的な信頼できる根拠 (evidence)に基づき、
 患者にとにとって最良の、効果的かつ質の高い治療を行う医療。EBMとは医療を円滑に行う
 ための道具であり、医師や薬剤師にとってののぞましい行動指針のことを言います。

   →→医学的なエビデンス(EBM*)に基づいたサプリ&ハーブ情報(1)
 

  食べて不老長寿
  文明が発達しヒトの生活が豊かになっても、病気を予防しさらに健康になりたいという気持ち
 は変わらないものです。

 「健康こそがこれから得るかもしれないどんな富よりも大切である」と思っているひとも
 いるでしょう。
 これからの時代は、どうすれば病気にならずにすみ、老化を少しでも遅らせることが
 できるかにかかっているのです。


 何を積極的に食べれば、老化やがんを少しでも防げるか、あるいは病気にならずにすむか。
 正しい食事とはいったい何だろう。何を食べて何を食べなければいいのかなど食事に対する
 疑問は山ほどありますがそれをビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、各種ファイトケミカル
 の立場から科学的に明解に説明したものは以外に少ないものです。 
 
 これらビタミン、ミネラル、アミノ酸、食物繊維、各種ファイトケミカルなどの栄養素や
 サプリメント の効用を説明する生化学や薬理学をわかりやすく解説(説明)する解説書が
 ほとんど出ていないことも原因しています。

 ひとによってはわからないままに使っている。または、使い方が分からないので躊躇して
 しまっている。
 というのが現状のようです。


 そのような方への「道しるべ」 となる解説書を提供しょう。ご要望にお応えしょうというのが
 当ブログの趣旨なのです。

 「不老長寿
それは人類の究極の願いです。「食べて不老長寿ができればそれは最高
 にすばらしいことです。

 このブロブから究極のthe elixir of life(不老長寿の宝物を探しだしてください。 

 お薦め関連サイト→ EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報 

ファン

2010年06月26日

ビタミンKは骨を丈夫にする?

ビタミンKは、1929年にデンマークのダムによって、血液を正常に凝固させるための必須物質として発見されました。 ビタミンKの名前の由来も、オランダ語の「凝固(koagulation)」の頭文字からきています。 出血時に血が自然に止まるのは、体内に血液を凝固させる物質があるためで、その血液を凝固させる物質のひとつであるたんぱく質(プロトロンビンなど)を生成する補酵素として働くのが、ビタミンKです。 ビタミンKにはいろいろな種類があり、そのなかで自然界に存在するのはK1とK2の2種類です。K1はおもに植物の葉緑体で作られるため、ほうれん草などの緑色の濃い野菜や海草などに多く含まれます。 また同じ野菜でも、日に良く当たる外側の葉のほうが、内側よりもビタミンKが多く含まれます。K2はおもに微生物によって作られるため、発酵食品である納豆などに多く含まれます。またビタミンK2は腸内細菌によっても合成されます。また、体内でK1はK2に変換して働くともいわれK2の方が即効的で効力も1.5倍強いとされています。 このビタミンKには、骨を丈夫に保つ働きもあります。 骨に含まれるたんぱく質の中で最も多いのが、ビタミンCと関係するコラーゲンですが、その次に多いのがビタミンKが合成に関わるたんぱく質オステオカルシンです。 オステオカルシンはカルシウムが骨に沈着するときに必要な物質で、ビタミンKはそのオステオカルシンの生成に関与することでカルシウムの骨への沈着を促します。 これ以外にもビタミンKにはカルシウムが骨から流出するのを抑える働き、骨の石灰化への手助けなどがあり、複合的に骨を丈夫にするために働きます。 ビタミンKが不足すると、骨に十分にカルシウムが取り込めなくなり、細くもろい骨になってしまいます。このためビタミンKは骨粗鬆症の予防に有効です。またカルシウムの取り込みとは逆に、動脈や腎臓などでは、カルシウムの沈着を防ぐ働きがビタミンKにはあります。 相互作用 抗凝固薬ワルファリン(製品名:ワーファリン)を使用している患者ではワーファリンの作用に薬理学的に拮抗しますのでビタミンKが多く含まれる「納豆」、「青汁」、「クロレラ」は使用を避ける必要があります。 一方、ホウレンソウやブロッコリーなどの緑物野菜もビタミンKを含みますが、普通に食べる回数・量ではほとんど問題になりませんが、多く食べすぎないことが大事です。 ワルファリンを服用されている場合は医師、薬剤師にはワルファリンを飲んでいることを必ずお伝えすることが大事になります。
posted by くすりのとくさん at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 骨粗鬆症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心房細動にはワルファリンは必須?

高齢化とともに心房細動は増加しています。 心房細動は脈拍の間隔がバラバラになり頻繁んに脈をうつ不整脈です。高齢者で治療を要する不整脈として最もよく見られるものです。 心房細動の自覚症状は動悸ですが、発作性心房細動と慢性の持続性心房細動があります。 どちらも脳梗塞などの心原性由来の脳塞栓を引き起こす原因となるので注意が必要です。 脳梗塞の原因の1/3を心房細動が占めると言われているぐらいです。 心房細動では心房部分が小刻みに震えるためそこで血流がよどみ、血のかたまりができやすくなります。 血のかたまりは血液の流れに乗って脳の血管につまり、脳塞栓による脳梗塞になります。 心房細動による脳梗塞は動脈硬化による脳梗塞よりも梗塞の範囲が大きく、重症になりやすいといわれています。また何度も脳梗塞を繰り返すことが特徴ですのでしっかりした治療と再予防が必要です。 心臓弁膜症や心不全を起こす心疾患があると心房細動になりやすいと言われています。 また、虚血性心疾患や心筋症、高血圧などに合併することもあります。 発作性心房細動は、飲酒、睡眠不足、激しい運動、肥満、過労、ストレス、暴飲暴食、低カリウム血症などが引き金になると言われています。 慢性化した心房細動はほとんど元に戻りません。 脈拍数が多い場合は、それ自体で心不全になりますので、心拍数をコントロールする薬が使われます。 心拍数コントロールのために「ジギタリス」や「β遮断薬」を使い、動脈塞栓予防のために「抗凝固薬」や「抗血小板薬」を使います。 心房細動があって、脳梗塞になりやすいと判断された人は予防のための薬ワルファリン(商品名:ワーファリン)を飲み続けることになります。 脳梗塞になりやすい心房細動の患者さんとは、「脳梗塞を起こしたことがある人」、「心不全」、「弁膜症」、「肥大型または拡張型心筋症」、「ペースメーカー植え込み」、「虚血性心疾患」、「高血圧」、「糖尿病」などを合併した人たちになります。なお、年齢も動脈塞栓の危険性に影響する大きなファクターです。  ワルファリン療法は、脳出血などの出血性合併症、定期的な血液検査が必要なことなどから管理が面倒なことにより、特に非医師はいまだに消極的です。 しかし、現在では、心房細動の動脈塞栓の予防にはワルファリン療法が世界の標準となっています。 ワルファリン療法は、「きちんと管理すれば副作用の危険性よりは、恩恵のほうがずっと大きい」と考えられます。ただし、あくまでもきちんと管理できることが条件です。  ワルファリンの適量は、食事の種類や量、体質などによっても変化するので、定期的に血液検査(PT-INRまたはトロンボテスト(%))を1か月に1回ぐらいの頻度で受けなければなりません。 また、ビタミンKを多量に含む納豆、クロレラ、青汁などの食品はワルファリンの効果をなくしてしまうので、摂取しないように指導されます。  一方、ホウレンソウやブロッコリーなどの緑物野菜もビタミンKを含みますが、普通に食べる回数・量ではほとんど問題になりませんが、多く食べすぎないことが大事です。 きちんと食事管理すれば、脳塞栓症も決して怖くない病気なのです。また、多くの消炎鎮痛剤をはじめ抗生 物質、抗がん剤などの治療薬が併用によりワルファリンと相互作用を起こすてワルファリンの作用が減弱したり増強されたりしますので併用薬には注意が必要です。サプリメントでも相互作用を起こします。 ワルファリン服用されている場合は医師、薬剤師にはワルファリンを飲んでいることを必ずお伝えすることが大事になります。 サプリメントとの相互作用と安全性情報については姉妹サイトの →「予防としてのナチュラルメディスン(メディカルハーブ&サプリ)の世界」を必ず参照されてからお使いください。
posted by くすりのとくさん at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 狭心症・心筋梗塞・心不全・心房細動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

逆流性食道炎とはどんな症状?予防や治療は?

逆流性食道炎とは、何らかの原因で胃酸が食道へ逆流し、その酸が原因で食道粘膜に炎症をおこしてしまう病気です。 代表的な症状は、 食後に胸やけがする。 おなかがはる。 食事をした後に胃がもたれる。 食べたあと気持ちが悪くなる。 のどがヒリヒリする。 ものを飲み込むと、つかえることがある。 胃酸が上がってくることがある。 ゲップがよくでる。などです。 これらのの症状があると逆流性食道炎の疑いがあります。 逆流性食道炎の治療には、胃・十二指腸潰瘍と同じく胃酸の分泌を抑えてくれる薬剤(プロトンポンプ阻害剤:タケプロン、パリエット、オメプラールなど)を使用しますが、早めの治療と予防が大切とされています。いったんこじらすとなかなか治りにくくなりますので、こじらさないうちに早めに専門医の治療を受けましょう。 予防としては、生活習慣病の予防のための食事と適度な運動がいいとされています。また、ストレスをため込まないようにしましょう。 サプリメントとの相互作用と安全性情報については姉妹サイトの →「予防としてのナチュラルメディスン(メディカルハーブ&サプリ)の世界」を必ず参照されてからお使いください。
posted by くすりのとくさん at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 逆流性食道炎・消化器症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レディー(女性)のためのメディカルハーブとサプリは?

レディーのための体にやさしメディカルハーブとサプリをまとめてみました。
領域ハーブ名種属おもな作用備考
炎症を鎮める作用と婦人科症状改善カモミール  消炎、鎮静、鎮痙作用  冷え性、生理痛(ジャーマン)消炎、鎮静、鎮痙作用と体を温める働きを合わせ持つため、胃炎、胃潰瘍などの消化器系疾患と冷え性、生理痛などの婦人科系疾患に用いられます。
関節痛、婦人科症状サフラワー (ベニバナ)キク科冷え性、更年期障害改善 
婦人科症状:ジャーマンカモミール 学名:マトリカリア  学名のマトリカリアは子宮を意味します。
婦人科症状:チェストトゥリー別名:セイヨウニンジンボク、 バイテックス  
婦人科症状:ラズベリーリーフフラガリン (バラ科)生理痛や生理前症候群の緩和や出産準備子宮や骨盤の周辺の筋肉を調整し、過度の緊張を和らげる働きを持つため、生理痛や生理前症候群の緩和や出産準備の目的で用いられます。
婦人科症状:ネトル   
婦人科症状:サフランアヤメ科通経作用と 血行促進作用(冷え症や更年期の冷え、のぼせ、それに肩や腰の痛みやしびれ) 記憶力の増強昔から婦人薬の原料として用いられ、通経作用と 血行促進作用、それに最近の研究では神経の成長を促進することが確認されています。このため適応としては冷え症や更年期の冷え、のぼせ、それに肩や腰の痛みやしびれ、記憶力の増強に用います。
婦人科症状:ゼラニウム 虫除け 
婦人科症状:パセリセリ科婦人病 
婦人向きマリーゴールド (カレンデュラ)キク科生理不順、消化不良その他、カロチノイド色素を豊富に含み、抗菌作用を持つため皮膚粘膜や毛細血管の修復と保護、創傷の治癒を目的に内用と外用で用いられます。
婦人向きドクダミドクダミ科利尿作用と緩下作用(おだやかな下剤)をもち、 また強力な抗菌作用を発揮するため、体内の毒素や老廃物の排泄を促して体の新陳代謝を高めます。どくだみの名は「毒下し」に由来し、昔から解毒の目的で用いられてきました。
「食べて不老長寿−究極のthe elixir of lifeを求めて」のトップページ <関連サイト> →「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ →「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ →「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ →「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ →「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ →「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
posted by くすりのとくさん at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 更年期障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

キトサンと 白いんげん豆抽出物 ダイエットの決定版?

キトサンは、カニ殻などから抽出される不溶性の食物繊維であるキチンをさらに加工したものです。キトサンの中にはキチンが16%ほど含まれていることから、実際はキチン・キトサンとして扱われています。俗に「便秘を解消する」、「有害成分を排泄する」などといわれています。 ヒトでの有効性については、キトサンを関与成分とした特定保健用食品が許可されています。キトサンを関与成分とし「コレステロールの高い方または注意している方の食生活の改善に役立ちます」などの表示が許可された特定保健用食品があります。 安全性については、経口摂取、および外用で安全性が示唆されていますが、妊娠中・授乳中の安全性については十分なデータがないことから使用は避けることとされています。 循環器・呼吸器への有効性 ・ 腎不全患者や血液透析患者において、高コレステロール値を下げる、あるいは貧血を改善するのに経口摂取で有効性が示唆されています。 ・ 高脂血症を有する女性患者に対し、キトサンとプラセボ服用を無作為化二重盲検試験にて比較したところ、総コレステロール値の低下を認めたという報告があります。 ・ 健康成人男性を対象に、キトサン含有クッキー摂取させたところ、糞中のコール酸の増加、コプロスタノールカンペステロールの減少、血中の総コレステロールの低下、HDL-コレステロールの上昇を認めたという報告があります。 ・2004年2月までを対象に5種のデータベースと6種のウェブサイトで検索できた無作為化プラセボ比較試験15報について検討したシステマティックレビューにおいて、過体重もしくは肥満の成人男女によるキトサン摂取は、体重減少、総コレステロール値の低下、血圧低下に寄与する可能性が認められたという報告があります。 「食べて不老長寿−究極のthe elixir of lifeを求めて」のトップページ <関連サイト> →「EBMで裏付けされた健食、サプリ&ハーブ情報のトップページ →「予防としてのメディカルハーブ&サプリの世界」のトップページ →「レディーのためのダイエットサプリ&ハーブのVIPルーム」のトップページ →「男のためのスペシャルサプリ&ハーブ」のトップページ →「薬のとくさんのサプリ&ハーブで不老長寿」のトップページ →「サプリとハーブで老化を予防」(情報共有ブログ)のトップページ
posted by くすりのとくさん at 21:55| Comment(0) | TrackBack(1) | ダイエット・糖尿病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。